Jul2019. CYRIC log

7/1-7/5

7/1 (Mon.)

raspberry pi 接続

(CYRIC 実験系ネットワーク 192.168.253.X)

raspberry pi IP set

  • static ip_address (@ /etc/dhcpcd.conf) -> 192.168.253.32/24 (24はmask)
  • reboot
  • ifconfigで自身のIPアドレスを確認.
PC IP set (Windows)
  • コントロールパネル → ネットワークとインターネット → ネットワークと共有センター → イーサネットの状態 → イーサネットのプロパティ → インターネットプロトコル バージョン4 (TCP/IPv4) のプロパティ
  • →192.168.253.11
  • 一度無効にし,もう一度有効にする.
  • ifconfigで自身のIPアドレスを確認.
PCからraspiにssh接続できるかを確認.(@control counting room1)
  • PCとraspiを,それぞれ別々のネットワークハブに接続.
  • PCから, ping 192.168.253.32 でpingが通ることを確認.
  • raspiから,ping 192.168.253.11 でpingが通ることを確認.
  • もしpingが通らない場合,ネットワークハブを介さずに,PC-raspi接続にして,同様にして確かめる.
PCからraspiにssh接続できるかを確認.(@target room3)
  • (monitor, key board, mouseがない...小さいのでいいのでdisplay(HDMI端子)(またはVGN to HDMI connector)がほしい...あとはehernet LAN cable)もいろいろ持ってくると便利.4pinのcable必要.)
  • 上記と同じようにして,pingが通るか確認したら,なぜか通らなかった.(raspi or pcのIPが勝手に変更された?ethernetが生きているか?どこかの機器のIPがcollisionしているか?)
  • CYRIC用のPC(192.168.2.10と書いてあるThink Pad)と,PCまたはraspiと接続できるか確認.
CYRIC PCのIP確認,接続
  • 192.168.2.10にする.
  • (Windowsのコマンドなので)コントロールパネル → cmd → ipconfigで確認.
  • PCを192.168.2.11,raspiを192.168.2.12に変更し,CYRIC PCとそれぞれを接続 → pingが通った.
PCからraspiにssh接続できるかを再確認.
  • このIPでPCとraspiを接続 → pingが通った.(192.168.253.nがあまりよくない?
  • PCとraspiを,ハブを経由して接続.(奥の棚の上にあるハブ or XYZstageをcontrolするbox?の中にあるハブ)→ pingが通った.
  • PCをcounting control room1に移動させ,そこでpingが通るか確認 → ok
thermal control system

irradiation box内の温度を測定するsystem.box上側と下側の2か所の温度を読み取る.

  • raspi(@target room3)と,irradiation box内に入っているNTCを,接続.
  • cd (/home/atlasj/)work/CYRIC
  • sudo i2cget -y 1 0x35 0xDF (configを通す)
  • sudo python themo_controllFNAL.py
  • (themo_controllFNAL.pyで,温度・湿度を測定し,N2の弁をswitchingしてくれる.Tup=NTC上側,Tdown=下側に相当.)
  • (別teminalで)cd work/CYRIC/TempMon
  • source /usr/local/ROOT/v5.34/bin/thisroot.sh
  • ./mkplot.sh -l 3 -H 1
  • (詳しくは,http://atlaspc5.kek.jp/do/view/Main/Raspberrypi)
  • なぜかいつもよりも温度がガタガタ.(adapter boardやNTCのせいではなかった → raspiのせい?)
  • thermal_controllFNAL.pyか./mkplot.shを行うと,新しいデータの時間が,過去のデータの時間より前になり,plotがおかしくなる ← 改善すべき

N2 control system

irradiation box内を-15℃にするために,boxにN2を流す弁を制御させるsystem

  • N2タンクに,弁をcontrolするsystemを設置.
  • raspiとN2 switchを繋ぐ.(raspiのHPIO#4,15がswitchとinteraction.swichが逆のときは,thermo_controlFNAL.pyの中のHPIO#4,15をchange.)
  • raspiとpower supplyを繋ぎ,24V印加
  • switchの挙動が明らかにおかしい ← raspiのphotoMOS switchの1つが逝かれていた.
  • spareのadapter boardに変更 → 正常に動作
power tap ON OFF system

XYZ stageをrebootさせるために,XYZ stageに接続するpower tapをOFF→ONにするsystem

  • XYZ stageの電源をpower tapに接続.
  • そのpower tapを,raspi adapter boardのmicro USBに接続.
  • sudo python powertap.pyで電源をOFF→ONになるか確認.(これはphotoMOS switch0で行っている?)
  • (photoMOSのハンダがうまくできてなかった.すいません.)
XYZ stage controller
  • controllerの電源は,power supplyからの24V.
  • XYZ stageの大元?(@target room3)から出てるethernetをハブに接続
  • controllerもハブに接続し,controlできるか確認.
照射sampleをslotに設置

写真を参照.特にRD53A moduleの固定方法や向きに注意.

ネジの数とか確認しておくこと.

7/2 (Tue.)

N2 camera network set

N2の残量をmonitoringするためのカメラ(keekoon,ディグタみたいな形)を,remote controlする.

  • 付属CDに入っているfileのうち,IP Camera Search Toolをinstall
  • (IPCamera Viewerは不要.manualはCDに入っているが,下のattachmentに載せておいた(ガバガバ日本語))
IP Camera Search ToolでcameraのIP addressなどを編集する.
  • ethernet cableで接続し,Search → atlasjを選択
  • configure camera's network settings → (Obtain IP address automatically via DHCP)のcheckを外す.
  • Camera Network Informationを変更する.
  • IP:192.168.2.15,Subnet Mask:255.255.255.0,Gateway:192.168.2.1,DNS:8.8.8.8,Port:80
  • Username:admin,Password:(いつもの) ← なくてもいけるかも?
  • Apply → Search → atlasjのIPが変更されていることを確認.
  • FireFox で,そのIP address(192.168.2.15)を打ち込んで検索 → 上から2つ目のをclick
irradiation

照射前

  • targetが全て格納されていることを確認(TARGETがSETされていると,targetなしのDampのcurrentが読めない)(単動・連続照射で,画面右側の照射位置は,「TARGET=格納」「Beam SIDE=TARGET SET中」
  • beamを出してもらい,Faraday cup(上流)とDamp(下流)でのbeam currentを目標値に設定してもらう.
  • (照射slotが複数枚ある場合)単動照射 → TARGET No.を入力 → TARGET SET (要は単動照射は,1つだけslotをset or 格納をする際に使う)
  • 連続照射 → TARGET No. , 開始位置,移動PITCH,移動回数を入力.(移動速度は20で固定,移動回数はzのみ変更し,x=1にする)(scanはまだしない)
  • beamを止め,TARGET SET → SCAN開始
  • beamを出してもらう.このときの開始時刻をmemo.Dampでのbeam current(target Damp)もmemo.
  • 予定beam stop時刻を伝えておく.
  • 途中alarmなどが鳴ったら下記のように対処する.(case2)
  • 照射中は,画面を触るとSCAN停止するので,気を付ける.(case3)
照射後
  • beamを止めてもらい,そのときの時刻をmemo.
  • 連続照射 → CANCEL(scanを停止し,TARGET No.のslotを格納)
  • (照射slotが複数枚ある場合)単動照射 → TARGET No.を入力 → TARGET格納
  • 格納されていることを確認.(画面右側で,照射位置がAlarmになっても特に問題はない)
  • ここら辺でerrorになってalarmが鳴ったら下記のように対処.(case1)
何もなければ同じことを繰り返す.
errorになった場合

すぐに原点復帰を押さないこと!

TARGETをSETまたは格納(CANCEL)したときに発生した場合(case1)

  • アラーム画面から,RESETをする.
  • 原点復帰を絶対に押さない
  • 手動2画面で,z→-方向に移動(約80くらいまで),y→0にする.(カメラ画面で絡まっていないか確認しながら)
  • sudo python powertap.py(XYZstageをreboot)→(controllerもresetされる)
  • 原点復帰をする.
  • targetが格納されているか確認

scan中にalarmが鳴った場合(case2)

  • まずはbeamを停止させる.その時の時刻をmemo
  • アラーム画面からRESETを行う.
  • (もし不可能な場合は,powertap.pyでreboot)
  • 原点復帰をする.(targetが格納されているわけではないので大丈夫)
  • (この状態ではTARGET SETされているがTARGET SCANできないので,)一度,単動照射 → TARGET格納
  • 連続照射 → TARGET SET → SCAN開始
  • beamを再び出してもらう.(時刻をmemo)
  • loss timeを算出し,予定beam停止時刻を修正,operatorに伝えておく.
途中でscanが止まった場合(case3)
  • とりあえずbeamを止める.(時刻memo)
  • CANCELなどできなくなるので,powertap.pyでreboot → 原点復帰 → 単動照射 → TARGET格納 → 連動照射 → TARGET SET → TARGET SCAN
  • beamをもう一度出してもらう(時刻memo)

other

spread sheetのactivityに照射sampleのIDやsize, thickness, slot#などを書き込む.

N2補充

  • 内部圧力を高めるための,空気に触れさせてある管のバルブを閉じてから行う.
  • 補充直後は,上で閉じたバルブをある程度開け,圧力を少し上げる.(圧力メーターが2目盛りまるまで待つ)
  • バルクを,閉めた状態からおよそ90度だけ回転させ,少し開けた状態にする.(目安)

irradiation time log

[19:35:00]

  • ・Run #1 start
  • (start position→x=-12, z=-24 ; pitch→x=1, z=48, scan回数=24 で誤ってset)
[19:55:20]
  • Run #1 stop
  • modify setting
[20:07:00]
  • Run #1 restart
[20:49:08]
  • Run #1 finish
[21:18:30]
  • Run #2 start
[22:17:44]
  • Run #2 finish
[22:25:00]
  • N2充填
  • Run #3 start

7/3 (Wed.)

[01:39:56]

  • Run #3 finish
  • target格納時にalarm → 問題なく対処
  • N2補充
[02:08:00]
  • Run #4 start
  • N2 -9kg
[03:06:35]
  • scan中にalarm → scan, beam stop
[03:10:00]
  • Run #4 restart
  • loss time → 00:03:25
[03:59:42]
  • Run #4 finish
  • target格納時にalarm → 問題なく対処
  • N2 → -19kg
[04:08:00]
  • Run #5 start
[05:00:00頃]
  • spread sheetのrun planの時刻のところの計算式で,参照場所がおかしかった.
  • →終了時刻変更(06:30頃→05:30頃)
[05:25:45]
  • Run #5 finish
  • N2 → -26kg
[05:49:00]
  • Run #6 start
  • N2 → +2.2kg
[07:14:00頃]
  • N2の残量を見る体重計が0のまま変化しなくなっていた.
[08:20:26]
  • SCAN中に単動画面に行ったらBOXがSTOPしたためBeam stop. およそ10sほどBOX停止したまま照射.
[10:14:34]
  • SCAN中にボックスが停止のためBeam stop.
[10:19:30]
  • RUN #7 restart
  • loss time →00:04:56
[10:34:30]
  • RUN #7 finish
[11:16:30]
  • RUN #8 start
  • N2 -> 33kgまで入れた。(体重計治った?)
[11:47:31]
  • SCAN中にボックス停止のためBeam stop.
[11:50:30]
  • RUN #8 restart
  • loss time →00:02:59
[14:14:31]
  • Dumpを測り直すためにBeam stop.
[14:20:20]
  • RUN #8 restart
  • loss time →00:05:30
[14:55:02]
  • SCAN中にボックス停止のためBeam stop.
[14:58:30]
  • RUN #8 restart
  • loss time→00:03:28
[16:46:05]
  • SCAN中にボックス停止のためBeam stop.
  • その隙に窒素補充 N2 5kg -> 33kgまで入れた。
  • loss time -> 00:33:55
[18:20:52]
  • RUN# 8 finish (1 minutes shorter than target)
[18:28:30]
  • RUN# 9 start
[19:03:00]
  • BOX stop, loss time = 2m40s
[20:35:52]
  • RUN#9 finish
[21:02:00]
  • Run #10 start
[21:53:14]
  • Tup~+5℃,Tdown~+7℃で高い.
  • (beamがRD53Aのshield(Al)に当たり,beamが止まる.落ちたエネルギーが熱エネルギーに変換され,Box内の温度が上昇する.)
  • N2の流量を増やすためにbeam stop
  • Tdown~0℃になるまで待機
[22:36:00]
  • run #10 restart
  • Tup~-10℃,Tdown~+1℃
  • loss time → 00:32:46

7/4 (Thu.)

[00:44:10]

  • Run #10 finish
  • 勝手にraspiとのssh通信が切断
  • ping 192.168.2.12は通るのにsshはできない("ssh exchange identification"と文句言ってくる → PC側の /.ssh/known_hostsを消去してもダメだった.PCを変えても同じくダメだった)
  • raspiを直でreboot → 何事もなかったかのようにsshできるようになった.
  • (sshせずに)raspiからthermo_controllFNAL.pyをし,PCからsshして./mkplot.shをした.
  • (thermo_controllをraspiからしたので)温度や湿度の値を読むために,data/templog_run1.textを読み込むshell scriptを作成.
  • (raspiのscreenを読み出せればいいのだが)
  • N2補充
[01:36:00]
  • Run #11 start
  • (Run #10と#11は共にRD53AでDamp current=810に対して,target Dampは#10→800,#11→710と異なるのは,#11のRD53Aのsensorを保護する板?が厚いからと考えられる)
[03:10:42]
  • Run #11 finish
  • 照射中はTup~-7℃,Tdown~7℃くらいで安定していた
  • N2補充(30kg)
[03:34:00]
  • Run #12 start
[04:20:29]
  • Run #12 finish
  • Tup~-25℃,Tdown~-15℃
[04:25:00]
  • Run #13 start
[05:19:51]
  • Run #13 finish
ALL Run 終了後
  • irradiated sampleを放置
  • N2 → 20kgになるように補充(Box内を冷却させるため,かつN2多すぎてもダメなので)

dosimetry

各slotにつけたdosimetor(AlとCu)の放射能を測定し,各slotの照射量を推定する.

Network MCA monitoringprogtam for wndowsの使い方

  • start→測定する積分範囲を指定→peak ch付近をclick→# of count (Cnt)がある程度
calibration
  • checking sourceとして,Co(60)とCs((137)を使用.
  • Ge detectorと線源の距離を変えながら測定.今回は,Co→5cm, Cs→cm.線源が板?よりGeに近いようにする.
  • a
放射能を測定
  • 1e16未満は3cm,1e16以上は9cmで測定(時間短縮,MCA or Ge detectorの読み出せるrateの関係)
  • edit -> copy text date startch->0, end start ch -> 4095(?) -> memo帳にcopy →保存
照射量を推定
slot3(strip, LGAD;3e15)
  • doseが明らかに少ない.
  • G10を見てみると焦げたところの位置が,センサー位置から大きく外れたところにあった.(写真参照)
  • box機械の不具合が原因?→ beam currentがscanで変わっていることを確認するしかない??(pinpointで当たっても10くらいしか変わらないので判別つかないのでは?)
slot8, 9
  • 共に,(照射sampleに対して)上流側のdosimetor(#14,#15)のdoseは100%なのに対して,下流側(#18,#19)では50%未満
  • simulationによって,このsampleはbeamを3%ほど損失させる,と考えられていたので,simulationと実験結果が大きく異なった.
slot12(RD53A)
  • 上流側のdosimetor(#51)のdoseが明らかに少ない.
  • これは,センサーをカバーするガラス?の上にdosimetorを貼っていて,照射によってガラスが変形し,dosimetorが外れたため.
  • ガラス?は1e14に耐えられない.

-- Atlasj Silicon - 2019-07-03

Comments

2019/7/3

[13:40頃]

温度が0度付近で一定になり冷えない.kinkによる原因が考えらえるため,次回からは取り換える必要があるかもしれない.

照射中にbeamを(Box全体を見るカメラから)見れるように,32courseのライトをON, OFF切り替えるようにしたい → raspiにもう一つswitchを載せて,remoteで操作可能にしたい.

slotの格納を観察するカメラを,広角レンズのものに変え,カメラ1台で観察したい.

RD53A 照射のとき,温度が上がるのでその対処.

raspiの温度ガタガタ問題(2℃は大きすぎる?)

Edit | Attach | Watch | Print version | History: r14 < r13 < r12 < r11 < r10 | Backlinks | Raw View | Raw edit | More topic actions...
Topic revision: r13 - 2019-07-04 - AtlasjSilicon
 
  • Edit
  • Attach
This site is powered by the TWiki collaboration platform Powered by PerlCopyright © 2008-2022 by the contributing authors. All material on this collaboration platform is the property of the contributing authors.
Ideas, requests, problems regarding TWiki? Send feedback