Difference: NOV2019CYRICLOG (13 vs. 14)

Revision 142019-07-07 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="CYRICProtonIrradiation"

Jul2019. CYRIC log

Line: 277 to 277
 各slotにつけたdosimetor(AlとCu)の放射能を測定し,各slotの照射量を推定する.

Network MCA monitoringprogtam for wndowsの使い方

Changed:
<
<
  • start→測定する積分範囲を指定→peak ch付近をclick→# of count (Cnt)がある程度
>
>
  • LT(Live Time), RT(Real Time), ROI(Ragion Of Integral?), Gros(BKGを含めた積分値), Net(BKGを差し引いた積分値),Curs(channel, energy値はずれている), Cnt(Counts)
  • start→測定する積分範囲(ROI)を指定→積分値(Gross,Net)を測定(測定開始時刻,Live Timeなど取っておく)
  • σ=N/N^(1/2)→1%→10000events
  • Peakをclick→Peak ch,count数(Cnt)を測定
  • print screen→ペイントに貼り付け→png保存
  • edit→copy text date startch→0, 4095(end of channel)→メモ帳にcopy→保存
 calibration
Changed:
<
<
  • checking sourceとして,Co(60)とCs((137)を使用.
  • Ge detectorと線源の距離を変えながら測定.今回は,Co→5cm, Cs→cm.線源が板?よりGeに近いようにする.
  • a
>
>
  • checking sourceとして,Co(60)とCs(137)を使用.
  • Ge detectorと線源の距離を,3cmと9cmにして測定.線源が板よりGeに近い位置にする.
  • efficiencyを算出
 放射能を測定
Changed:
<
<
  • 1e16未満は3cm,1e16以上は9cmで測定(時間短縮,MCA or Ge detectorの読み出せるrateの関係)
  • edit -> copy text date startch->0, end start ch -> 4095(?) -> memo帳にcopy →保存
照射量を推定
>
>
  • dosimeterを一つずつ測定.
  • 1e16未満は3cm,1e16以上は9cmに設置(時間短縮,MCA or Ge detectorの読み出せるrateの関係)
  • event数~5000ほど取り,spread sheetに必要な数値を入れ,照射量を測定.
 slot3(strip, LGAD;3e15)
  • doseが明らかに少ない.
  • G10を見てみると焦げたところの位置が,センサー位置から大きく外れたところにあった.(写真参照)
Line: 297 to 300
 
  • simulationによって,このsampleはbeamを3%ほど損失させる,と考えられていたので,simulationと実験結果が大きく異なった.
slot12(RD53A)
  • 上流側のdosimetor(#51)のdoseが明らかに少ない.
Changed:
<
<
  • これは,センサーをカバーするガラス?の上にdosimetorを貼っていて,照射によってガラスが変形し,dosimetorが外れたため.
  • ガラス?は1e14に耐えられない.
>
>
  • これは,センサーをカバーするガラス?の上にdosimetorを貼っていて,照射によってガラスが変形し,dosimeterが外れたため.
  • ガラス?は1e14に耐えられない?
今回はCuにも照射し,Cuとprotonとの相互作用で生成された生成物を見てみる.

slot3のdosimeterから放射能があったので,程度beamが当たっていた?→stageがずれ,途中までbeamが当たっていた?→いつずれたかを,Dampでのbeam currentを読み出してみる.(dataをoperatorからもらえる)

  -- Atlasj Silicon - 2019-07-03
 
This site is powered by the TWiki collaboration platform Powered by PerlCopyright © 2008-2022 by the contributing authors. All material on this collaboration platform is the property of the contributing authors.
Ideas, requests, problems regarding TWiki? Send feedback