Fermilab Testbeam 2018


Link

Motivation

Y.Nakamura

Setup

全体図(レコフレーム/冶具アライメント)

Y.Onishi

セットアップ図。青い部分はクーラーボックス。

align_all_v2_inner.png

外観。青い箱はクーリングボックス。レール上に測定器を設置する。ここではビーム上流は写真右奥を想定。

IMG_20180201_224221.jpg

クーラーボックス内観。今回は温度/気圧/室温計が貼り付けられているステージ上に、本番ではDUT(Device Under Test)が設置される。

IMG_20180202_002947.jpg

DAQ (チャート)

K.Uchiyama

電源 (チャート)

Y.Nakamura

1/29~2/2の段階ではLVはFermi用ではなく、実験室のものを使用。

LV.png

・Ch3つ(ch -0/1/2)でで1ユニットとする。Ch0,1,2,3の4ユニット。


ルール
・ユニットごとにかけられる電圧は共通である。
・ユニットごとに最大電流は10A。
・1chに5A以上流れるとヒューズが飛ぶ。

(重要)
 現在、LV電源で指定した電圧そのままかからない。
そのため、事前にテスターで測り、その値を記録しておく必要がある。(2/2)

Log

・Ch0-2に基板上、線が繋がっていないため電圧をかけることができない。(2/2)
・Ch3-2ヒューズが飛んだため、取り外し。周辺に焦げが見える。(2/2)

Ch name 電圧[V] 電流[A] かける電圧[v] かけた際の電流値[A]
c0-0 RD53A        
c0-1 RD53A        
c0-2 使用不可        
c1-0 FEI4-1 2 2 2.7 1.95
c1-1 FEI4-2 2 2 2.7 1.95
c1-2 FEI4-3 2 2 2.7 1.95
c2-0 MPPC 5 0.2 5 0.0
c2-1 TLU SEABAS adapter 5 0.2 5 0.0
c2-1          
c3-0 TLU SEABAS 3.3 4.5 4.2 2.56
c3-1 SVX SEABAS 3.3 2.6 4.2 2.37
c3-2 使用不可        

CERN Cent OS 7 への移行

HSIO2Install

PicoScopeInstall

XilinxAndSeabasTLU

XpressK7

USBpix

ISEGcontrolInstruction

各パーツの詳細情報

MPPC trigger

S. Wada => MppcIntro

FE-I4 Telescope

sensor : K. Uchiyama => DoubleFlex

傾き、冶具 : Y Nakamura

  pattern1.pngposi1.png

基本的には上流のtelscopeのch1から順にinlink/outlinkを割り振る。
今回double flexであるためinlinkのつけ方に注意が必要。今回のflexはinlinkはch1と同じであるため、inlinkは同じ値を入れること.
beamに対してアルミではなく、カバーが向かっているように取り付ける。

KEK132 KEK133 SVX SVX RD53 SVX SVX KEK141 KEK142 KEK144 KEK134
0[mm] 45[mm]           106[mm] 110[mm] 117[mm] 121[mm]

RD53A

Y. Yamaguchi

RD53AtestAtLBL

SVX4

Y. Onishi

SVXの傾きは全体図にある3DCADの絵ではなく、下図のように傾ける。ビーム方向をz軸とすると、x,y方向共に10傾ける。

align_all_open_SVXRotationModified2_v2.png

SVX外観(下写真)。写真手前方向がビーム上流。内部にはストリップが2層ある。

ビーム上流側(Front側)はx軸方向の位置分解能を持つようにストリップが並べられ、ビーム下流側(Rear側)はy軸方向の位置分解能を持つようにストリップが並べられている。

thumb_IMG_0291_1024.jpg

LGAD

S. Wada => LgadAmp

DAQ Software / Trigger Logic Unit (TLU)

firmware : K. Uchiyama => TLUfirmware

software : Y. Nakamura

Online Monitor / 解析ソフト

Y. Nakamura

Documentation

CAD/基板図面

-- Koji Nakamura - 2017-12-09

Topic attachments
I Attachment History Action Size Date Who Comment
PNGpng .png r2 r1 manage 254.6 K 2018-02-04 - 06:54 AtlasjSilicon  
PNGpng FEI4doubleFlex.png r1 manage 68.4 K 2018-01-16 - 17:08 KojiNakamura  
JPEGjpg IMG_20180201_224221.jpg r1 manage 3424.1 K 2018-02-01 - 14:07 AtlasjSilicon  
JPEGjpg IMG_20180202_002208.jpg r1 manage 4228.4 K 2018-02-01 - 15:27 AtlasjSilicon  
JPEGjpg IMG_20180202_002947.jpg r1 manage 4205.7 K 2018-02-01 - 15:31 AtlasjSilicon  
PNGpng LV.png r1 manage 41.9 K 2018-02-04 - 07:17 AtlasjSilicon  
PNGpng MPPC.png r1 manage 288.7 K 2018-01-16 - 17:08 KojiNakamura  
PNGpng PSprotection.png r1 manage 381.6 K 2018-01-16 - 17:17 KojiNakamura  
PNGpng TLUadapter.png r1 manage 327.8 K 2018-01-16 - 17:08 KojiNakamura  
PNGpng align_all_open_SVXRotationModified2_v2.png r1 manage 184.4 K 2018-02-01 - 14:08 AtlasjSilicon  
PNGpng align_all_v2.png r1 manage 181.2 K 2018-02-01 - 14:07 AtlasjSilicon  
PNGpng align_all_v2_inner.png r1 manage 113.7 K 2018-02-01 - 14:07 AtlasjSilicon  
PNGpng pattern.png r2 r1 manage 220.7 K 2018-02-04 - 07:36 AtlasjSilicon  
PNGpng pattern1.png r1 manage 220.7 K 2018-02-04 - 07:37 AtlasjSilicon  
PNGpng pos.png r1 manage 52.3 K 2018-02-04 - 07:04 AtlasjSilicon  
PNGpng posi1.png r1 manage 50.3 K 2018-02-05 - 06:08 AtlasjSilicon  
JPEGjpg thumb_IMG_0291_1024.jpg r1 manage 188.4 K 2018-02-05 - 05:13 AtlasjSilicon  
Edit | Attach | Watch | Print version | History: r23 < r22 < r21 < r20 < r19 | Backlinks | Raw View | Raw edit | More topic actions
Topic revision: r23 - 2019-01-11 - KojiNakamura
 
This site is powered by the TWiki collaboration platform Powered by PerlCopyright © 2008-2022 by the contributing authors. All material on this collaboration platform is the property of the contributing authors.
Ideas, requests, problems regarding TWiki? Send feedback