SetupAtFujiB2

Motivation

ATLASにインストールする際に検出器のクーリング能力の決定のためバルクからの発熱量を測っている。

IV measurement

バルク部分のI-Vを測定し、計算から単位面積当たりの発熱量を求める。

IV measurement -25,-30,-35,-40degree の温度ごとに0~1000V(10V 1sec step)で測定する。

-25degreeに関してはInternal heatingの効果が見えていれば 10V 10sec stepで測定してみる。

if クーリング能力>発熱量, 1sec step と10sec stepで変化は見られない

else if クーリング能力<発熱量, 10sec stepでの立ち上がりが顕著になるはず

発熱量[mW/cm^2] = Leak current[uA/cm^2] * HV[Volt]

5.0E+15 1MeV neq/cm2 : 600V

1.3E+16 1MeV neq/cm2 : 900V, 1000V

のデータを用いて発熱量を計算。

-40degree、-35degreeのデータを-25degreeに変換したデータを用いて解析を行う(これより高い温度の時はinternal heatingの影響が見えることがあり、データがふらつく)

変換式(T0:変換したい温度、T:測定温度)

convert_ana.png

Setup

富士B2@KEKのクリーンルームにセットアップ

PC(Windows XP)にあるDAQ Programを使ってデータ取得

PCでは温度、電圧、電流、時間を取得 → これらのデータをもとに解析する

クーリングシステム(典型的なセットに関しては恒温槽に貼ってある)

  • 恒温槽 : 測りたい温度にセット
  • チラー : 
  • ペルチェ : Volt、Currentでセットする
これら3つの温度を調整することでセンサーの温度を設定する。以下セットアップイメージ

iv_setup.png

センサーに関しては表面に+V、裏面をGNDとする → 裏面が真空吸着用の銅と接していて、電圧をかけられないため

Measurement

現在の測定点

5.0E+15 1MeV neq/cm2 Proton irrad & Newtron Irrad | non-anneal & 5days room temperature anneal

1.3E+16 1MeV neq/cm2 Proton irrad & Newtron Irrad | non-anneal & 5days room temperature anneal

-- Atlasj Silicon - 2016-03-31

Comments


Topic attachments
I Attachment History Action Size Date Who Comment
PNGpng convert_ana.png r1 manage 24.6 K 2016-04-03 - 14:57 AtlasjSilicon  
PNGpng iv_setup.png r1 manage 15.7 K 2016-04-03 - 14:44 AtlasjSilicon  
Edit | Attach | Watch | Print version | History: r3 < r2 < r1 | Backlinks | Raw View | Raw edit | More topic actions
Topic revision: r3 - 2016-04-03 - AtlasjSilicon
 
This site is powered by the TWiki collaboration platform Powered by PerlCopyright © 2008-2022 by the contributing authors. All material on this collaboration platform is the property of the contributing authors.
Ideas, requests, problems regarding TWiki? Send feedback