Difference: VcalTestUsing55Fe (22 vs. 23)

Revision 232017-12-09 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="WebHome"
Vcal Test Using 55Fe


Test Setup

Tuning

Changed:
<
<

USBpix

>
>

FE-I4

USBpix

  thresholdは Threshold =(256*Vtin_AltCoarse + Vthin_AltFine)+(TdacVbp*Tdac) で定まる。
Line: 16 to 17
 1000e以下にtuningする場合、Vtin_AltCoarseとVthin_AltFineの値を変えると良い。この二つだけを下げてもうまくいかなかない場合は、TdacVbpの値を下げるとうまくtuningできる。

(2017/09/13)

Changed:
<
<

HSIO2

>
>

HSIO2

  KEK101(2017/9/11)
Line: 57 to 58
  GUIがKEK101_RJ*_primlist_4local__fe0__〇〇.cfgを読み込まない

  -masksディレクトリ内にenable~〇〇.dat、hitbus~〇〇.dat、largeCap~〇〇.dat、smallCap~〇〇.dat、fdacsディレクトリ内にfdac~〇〇.dat、tdacsディレクトリ内にtdac~〇〇.datファイルがあることを確認する(〇〇は同じ番号)。何が無いかはGUIを呼び出した端末内に出る。

Added:
>
>

FE65

FPGAの焼き直しには、YARR-FW/syn/spec/fe65p2_revC/fe65p2_revC.bitを使う。

KEKFE65-17

target threshold PreCompVbnDac PrmpVbnFolDac PrmpVbpDac VbnLccDac VffDac Vthin1Dac Vthin2Dac
600e 120 50 200 200 5 55 30
noise scanを走らせてnoise maskをする(yarr-20171130のapplyMaskはうまくいかないため、以前使ってたものを使う)

./primlist/scan.sh noisescan (sensor name)

../../../yarr-20170702/Yarr/src/bin/applyMask (NoiseMask.datのpath) fe65p2.json

diffとって問題なさそうならcpしてfixHitbusを実行

./bin/fixHitbus fe65p2.json

diffとって問題なさそうならcp

 

Source scan

Added:
>
>

FE-I4

  KEK101(2017/9/25)
Line: 96 to 116
  TH450eにチューニングし、Fe55でSource scanを行ったがノイズも含めて何も信号がなかった。

 アナログスキャンをおこなうと50発中30発程度しか返ってこないピクセルが目立ち、縦方向に構造が見えた。

Added:
>
>

FE65

KEKFE65-17

 使用アダプターカード:revD

 外部トリガーが見えなかったため、self triggerで走らせたが、90Srは見えても55Feは見えず。。。

 センサーのカバーを割ってに穴を開けて、線源と一緒に遮光。直に当たるようにした。run119(55Fe、65.5h)、run128(55Fe、30m)、run131(no source、30m)

 アダプターカード裏側にソルダージャンパーを実装。これで外部トリガーが見えるようになった。外部トリガーはSEABASからclk信号を出して使う。run150(test run、90Sr、1kHz)、run162(55Fe、1kHz、19h)

 

 使用アダプターカード:revC

 revDのinjectionがnoisyらしく、tuningをrevCで測定をrevDで行った。run179(th600e、55Fe、1kHz、5h)

 測定もrevCで行うことに。run200(th800e、55Fe、1kHz、6.5h)

 clk(外部トリガー)の周波数を変更。1kHz→50kHz(100kHzだとサチる)。run234(th600e、55Fe、50kHz、25m)、run255(th800e、55Fe、50kHz、15m)

  -- Atlasj Silicon - 2017-09-11

Comments

 
This site is powered by the TWiki collaboration platform Powered by PerlCopyright © 2008-2022 by the contributing authors. All material on this collaboration platform is the property of the contributing authors.
Ideas, requests, problems regarding TWiki? Send feedback