BasicManualへ戻る

Source Scan

ここではバンプオープンなどを知るのに有用なソーススキャンの方法について述べる。

ソーススキャンにはR/O chipの内部トリガーを使うFE_ST_SOURCE_SCANと外部トリガーを用いるがある。

内部トリガーを用いる場合(FE_ST_SOURCE_SCAN)

下準備

FE_ST_SOURCE_SCANを使用する場合、DIGITAL_TESTで応答が0となるピクセルを読み出そうとするとセルフトリガーを発行することができない。

そのため、DIGITAL_TESTを行って応答の無いピクセルをマスクする必要がある。

  1. [Right Panel] -> PixScan panel
  2. [Selected std. configuration:] -> DIGITAL_TEST -> Start Scan
  3. [Right Panel] -> Data panel -> Plot Occupancy を右クリック -> Generate mask from histogram
  4. マスクしない範囲を指定(例 190 < OCCUPANCY < 210 と指定すると、この範囲以外のピクセルをマスクする)
  5. [Edit] -> set all masks from scan -> 出力ファイルを指定 -> スキャン名を選択 -> HITOCCを選択 -> Apply to ENABLE & ILEAKにチェックを入れ、OK
  6. config editor -> FE MAsks, Pixel -> ENABLE mapの上で右クリック -> Display/Edit -> Save (1と0が反転していたらENABLE map -> Invert)。ILEAK mapも同様にしてSaveする。
FE_ST_SOURCE_SCAN
  1. [Right Panel] -> PixScan panel
  2. [Selected std. configuration] -> FE_ST_SOURCE_SCAN
  3. [Basic Pars] -> Events per scan point に取得したいイベント数を記入
  4. Start Scan
  5. [Right Panel] -> Data panel -> Plot Occupancy
放射線照射後のセンサーの場合、Start Scanを押した後でもEvent rateが増えない場合がある。

これはDIGITAL_TESTで応答が無いピクセルが変動しているためと考えられる。従って、繰り返しDIGITAL_TESTでmaskをするとEvent rateが増えることが多い。

TuningManualへ進む

-- Daiki Yamaguchi - 2015-04-04

Comments


Edit | Attach | Watch | Print version | History: r2 < r1 | Backlinks | Raw View | Raw edit | More topic actions
Topic revision: r2 - 2015-04-04 - AtlasjSilicon
 
This site is powered by the TWiki collaboration platform Powered by PerlCopyright © 2008-2022 by the contributing authors. All material on this collaboration platform is the property of the contributing authors.
Ideas, requests, problems regarding TWiki? Send feedback