Title

Article text.

Self Trigger Scan (2020.08.18現在)

Self Trigger ScanはExt Triggerが使えない場合に使用することがある.(55Feのγ線のenergyは小さいので,シンチを挟むことができない)

HitOr 信号をtriggerとして使用し,Ohio cardのportBで受ける必要がある.(参照: https://gitlab.cern.ch/YARR/YARR/-/blob/master/docs/rd53a.md のSource Scanの項).

また、portBはCA(キャパシタンス)ではうまく動作しなので,DC(抵抗)である必要がある.

Setup

atlaspc14を使用.

Firmware

最新のversionでは動かないらしいので,以下のversionを使う必要がある.

YARR-FW-2019/syn/expressk7/bram_rd53a_quad_ohio_325/rd53a_quad_ohio_160Mbps.bin

Software

configのhitorの項目を有効かしておく必要がある。Diffで計測したい場合は,

hitor~Diff0 0→1

hitor~Diff1 0→65535

とする。

extriger scanではspecCfg fileの代わりに,specCifg.Extriger fileを使う。

Scan, etc.

scanの手順としては

1)local threshold tuneを行い、analog scan -m 1でmaskを行う。

2)config fileのvth1を一旦4000に程に変更する。この状態でextriger scanを行いhitor maskをかける。

3)vth1を元の値にもどしてextriger scanを行うことでself triger scanが行える。バグでデータがsaveされずにループし続けることがあるのでローデータを残せるようにしておくとよい。

Comments


Edit | Attach | Watch | Print version | History: r4 < r3 < r2 < r1 | Backlinks | Raw View | Raw edit | More topic actions
Topic revision: r4 - 2020-08-26 - KatsuyaSato
 
This site is powered by the TWiki collaboration platform Powered by PerlCopyright © 2008-2022 by the contributing authors. All material on this collaboration platform is the property of the contributing authors.
Ideas, requests, problems regarding TWiki? Send feedback