Oct 2017 CERN Testbeam

Testbeam Spread sheet : https://docs.google.com/spreadsheets/d/1GfqLWGoWrS9nQnuQnewiwH0af-VQ6cJMQncoZ9NTqS8/edit#gid=0

ITK testbeam twiki : https://twiki.cern.ch/twiki/bin/viewauth/Atlas/ITkPixelTestBeamOctober2017

Run Spread sheet https://docs.google.com/spreadsheets/d/1KjL_2ZRhS-bV3ZsysILtoVsNx86b7Yerx_DB12jmFhM/edit#gid=0

-- Koji Nakamura - 2017-10-02

Log

LogLog

LogAfterTB

2枚目のSPECカードの実装

ビームラインのSPEC PC(192.168.5.91)に2枚目のSPECカードを挿した。

SPEC 0 : もともと差さっていた方。新しいアダプターカードにつなげてある。
SPEC 1 : 新しく入れたSPECカード。古いアダプターカードにつなげてある。

新しいSPECパッケージを以下のディレクトリにインストールした。tuning,yarrproducerの立ち上げもここで行う。

~/work/SPEC/Yarr-eudaqMB

gitから取ってきたバージョンにはYarrproducerを読み込む際に使うconfigファイルのベタ書きがなされている
yarr-producer.ccでLBLFE65-16で検索、該当部分をコメントアウト

基本的に、SPECにコマンドを送るときは、SPEC 0 or 1どちらに送るのか指定する必要がある。

・FPGAを焼くとき
  ./bin/programFpga ../hdl/syn/yarr_fe65p2_revB.bit [0/1]

・scanをするとき
  ./primlist/scan.sh digitalscan [module name] [0/1] (3つめの引数がないと、spec0で良いかどうか聞かれる)

・yarr_producerを立ち上げるとき
  ./bin/yarr_fe65p2_producer -r 192.168.5.2 -n KEKFE65-17_700e_noisemask -i [0/1] -p [0/1]
  -iはSPECnumber, -pはproducerのnumberで常にSPECnumberと同じで良い

HV ch & TLU

<HV>

ch0: Reference(KEK83) ch1: FE65-17(LV下段) ch4: 未接続(保護抵抗ジャンパーピンなし) ch5: FE65-18(LV上段)

<TLU>

0: Telescope 1: HSIO2 2: SPEC0 -> FE65-17(DUT30) 3: SPEC1 -> FE65-18(DUT31)

<位置関係>

(上流) Tel0 Tel1 Tel2 FE65-18 FE65-17 KEK83 Tel3 Tel4 Tel5 (下流)i

beforeGeoID run

HVを変える際、各GeoIDでのdigitalscan,analogscan,thresholdscanを取ってください。
あとで解析をするときに必要になります。

・~/work/SPEC/Yarr-eudaqMB/src/primlistにbeforeGeoID_fe65.shがある
・srcに移動して"primlist/beforeGeoID_fe65.sh [module name] [spec number] "でdigital,analog,thresholdが続けて走る。
・module nameは"KEKFE65-17_700e_200V"のような書き方に統一したい。この記入例はbeforeGeoID_fe65.shを引数なしで走らせても確認できる。
・各scanの後にプロットが表示されるので手動でqを押す必要がある。

Comments

-- Atlasj Silicon - 2017-10-09


Edit | Attach | Watch | Print version | History: r17 < r16 < r15 < r14 < r13 | Backlinks | Raw View | Raw edit | More topic actions
Topic revision: r17 - 2017-10-25 - AtlasjSilicon
 
This site is powered by the TWiki collaboration platform Powered by PerlCopyright © 2008-2022 by the contributing authors. All material on this collaboration platform is the property of the contributing authors.
Ideas, requests, problems regarding TWiki? Send feedback