2020年11月測定Log

ソーステスト詳細( )

11月6日

KEKamp(ver6.0)が届きました

9:00- ampのノイズ確認、概ね10mV以下

9:30- B2Strip センサーをwirebond

リンギング対策として抵抗が小さくなるようにHV1〜HV4それぞれに4本ずつ、GNDには3本wireを打った。

29A00327-47C1-4939-AF89-8EBD071A19DC.jpg

セットアップ(stripNo, ADCch, ampchの順に記載)

strip47um : 5,0,1 | 6,1,16 | 7,2,2 | 8,3,15

strip42um : 9,4,3 | 10,5,14 | 11,6,4 | 12,7,13

strip37um : 23,8,5 | 24,9,12 | 25,10,6 | 26,11,11

strip32um : 27,12,7 | 28,13,10 | 29,14,8 | 30,15,9

14:39 IV測定 breakdownvolは180V程(以前のPadの時は230V程)

14:37 190Vでソーステスト開始 オシロスコープで確認したところ210Vだとノイズが大きい。

15:56 configを間違えていたため8chしかとれていないことに気付いた。もう一度同じ条件で16ch用で走らせた。

11月9日

アンプボードのリンギング対策:HV/GNDの抵抗値をなるべく低くしたい

①アルミ板を前面に引いて上にco

nductive tape、センサーを乗せた。HV1~4,GNDには同様に4本、3本ずつwirebondした。

21160.jpg

12:30 B2stripセンサーでソーステスト

リンギングの影響がまだ大きいか

②直接銅テープをひいてHVとはんだ、conductive tapeの上にセンサー、GNDには3本のwirebond

1604911641896.JPEG

18:15 B2stripセンサーでソーステスト (runfile: ...B2_190V_run1_1109)

解析をしてもうまくできない。(リンギングの影響がまだ大きいか、バイアス電圧が高かったことからか?)

19:09 バイアス電圧を下げて再度ソーステ

スト→中断

HVを落としても定期的にノイズが発生していることが発覚。→アンプか?

解析時にはこのノイズをはじくことが必須。

Comments


Topic attachments
I Attachment History Action Size Date Who Comment
JPEGjpeg 1604911641896.JPEG r1 manage 76.6 K 2020-11-09 - 10:57 SayukaKita  
JPEGjpg 21160.jpg r1 manage 858.6 K 2020-11-09 - 11:06 SayukaKita  
JPEGjpg 29A00327-47C1-4939-AF89-8EBD071A19DC.jpg r1 manage 340.5 K 2020-11-06 - 06:11 SayukaKita  
Edit | Attach | Watch | Print version | History: r4 < r3 < r2 < r1 | Backlinks | Raw View | Raw edit | More topic actions...
Topic revision: r3 - 2020-11-09 - SayukaKita
 
  • Edit
  • Attach
This site is powered by the TWiki collaboration platform Powered by PerlCopyright © 2008-2022 by the contributing authors. All material on this collaboration platform is the property of the contributing authors.
Ideas, requests, problems regarding TWiki? Send feedback