Difference: SigmeasurementLog202008 (1 vs. 17)

Revision 172020-09-23 - TatsukiUeda

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="LGADGeneralInformation"

ソーステスト202008

8月6日

Line: 88 to 88
  120V~150V(10Vstep)で測定 150Vはノイズがひどい
Added:
>
>
11:06 17分間 0.08uA

11:27 10分間 0.13uA 140V

11:36 8分間 130V

11:47 10分間 120V

11:57 13分間 150V

 

8月21日

時間分解能を測定したい C2

Line: 101 to 110
 それでも信号がほとんど見えない。

15:30 200Vstack測定、Trgrate10Hzほど 

Added:
>
>

8月22日

B-3 波高再測定

80V 0.031uA 1~5Hz 10分間

90V 0.046uA 1~5Hz 10分間

100V 0.057uA 1~4Hz 10分間

110V 0.065uA 3~7Hz 10分間

120V 0.073uA 5~8Hz 10分間

130V 0.083uA 3~15Hz 10分間

140V 0.13uA 15~30Hz 17分間

150V 0.46Hz 100Hz 5分間

 

8月26日

C2Pad_2枚stackしたもののデータ追加測定。

Revision 162020-08-28 - SayukaKita

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="LGADGeneralInformation"

ソーステスト202008

8月6日

Line: 123 to 123
 14:09 190V、0.0026uA、約30分間、Trgrate2Hz

8月28日

Changed:
<
<
FNALampの20MOhm抵抗を10kOhm抵抗に変更した。
>
>
FNALampの20MOhm抵抗を10kOhm抵抗に変更した。
  シンチ有、padstack、FNALamp
Line: 139 to 139
  14:35 225V、1.3uA、Trgrate200Hz、約40分間 run2
Changed:
<
<
16:04 239V、5.25uA、Trgrate150Hz、約40分間 ノイズが大きいように見える。
>
>
16:04 239V、5.25uA、Trgrate150Hz、約90分間 ノイズが大きいように見える。

19:27 200V、0.0219uA、Trgrate150Hz、約40分間

 

Comments

Revision 152020-08-28 - SayukaKita

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="LGADGeneralInformation"

ソーステスト202008

8月6日

Line: 139 to 139
  14:35 225V、1.3uA、Trgrate200Hz、約40分間 run2
Added:
>
>
16:04 239V、5.25uA、Trgrate150Hz、約40分間 ノイズが大きいように見える。
 

Comments


<--/commentPlugin-->

Revision 142020-08-28 - SayukaKita

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="LGADGeneralInformation"

ソーステスト202008

8月6日

Line: 121 to 121
 12:08 200V、0.04uA、約10分間、Trgrate3Hz

14:09 190V、0.0026uA、約30分間、Trgrate2Hz

Added:
>
>

8月28日

FNALampの20MOhm抵抗を10kOhm抵抗に変更した。

シンチ有、padstack、FNALamp

12:25 214V、0.6->0.065uA、Trgrate1000Hzほど、約40分間 curentが時間がたつにつれどんどん小さくなった

シンチ無、padstack、FNALamp

13:38 214V、0.06uA、Trgrate20Hz、約30分間

シンチ有、padstack、FNALamp

14:15 225V、1.43->1.41uA、Trgrate200Hz、約15分間 データtakingが途中で止まってしまったため、run2でとりなおす

14:35 225V、1.3uA、Trgrate200Hz、約40分間 run2

 

Comments


<--/commentPlugin-->

Revision 132020-08-27 - SayukaKita

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="LGADGeneralInformation"

ソーステスト202008

8月6日

Line: 120 to 120
  12:08 200V、0.04uA、約10分間、Trgrate3Hz
Changed:
<
<
12:32 190V、0.0026uA、、Trgrate2Hz
>
>
14:09 190V、0.0026uA、約30分間、Trgrate2Hz
 

Comments


<--/commentPlugin-->

Revision 122020-08-27 - SayukaKita

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="LGADGeneralInformation"

ソーステスト202008

8月6日

Line: 114 to 114
 12:45 run開始、200V、TrgRate4Hz、約360分間

どちらもcurrentは2.5uAほど

Added:
>
>

8月27日

 
Added:
>
>
C2Padstack下のテスト測定

12:08 200V、0.04uA、約10分間、Trgrate3Hz

12:32 190V、0.0026uA、、Trgrate2Hz

 

Comments


<--/commentPlugin-->
\ No newline at end of file

Revision 112020-08-26 - SayukaKita

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="LGADGeneralInformation"

ソーステスト202008

8月6日

Line: 103 to 103
 15:30 200Vstack測定、Trgrate10Hzほど 

8月26日

Changed:
<
<
C2Pad_2枚stackしたもののデータ追加測定
>
>
C2Pad_2枚stackしたもののデータ追加測定。

細い線源直置き。

信号はほとんど見えないが前例と同じくらいのイベントレート。

  9:35 run開始、200V、TrgRate3Hz、約90分間
Changed:
<
<
12:45 run開始、200V、TrgRate4Hz、
>
>
12:45 run開始、200V、TrgRate4Hz、約360分間
  どちらもcurrentは2.5uAほど

Revision 102020-08-26 - SayukaKita

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="LGADGeneralInformation"

ソーステスト202008

8月6日

Line: 105 to 105
  C2Pad_2枚stackしたもののデータ追加測定
Changed:
<
<
9:35 run開始、200V、TrgRate3Hz
>
>
9:35 run開始、200V、TrgRate3Hz、約90分間

12:45 run開始、200V、TrgRate4Hz、

どちらもcurrentは2.5uAほど

 

Comments

Revision 92020-08-26 - SayukaKita

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="LGADGeneralInformation"

ソーステスト202008

8月6日

Line: 101 to 101
 それでも信号がほとんど見えない。

15:30 200Vstack測定、Trgrate10Hzほど 

Added:
>
>

8月26日

C2Pad_2枚stackしたもののデータ追加測定

9:35 run開始、200V、TrgRate3Hz

 

Comments

Revision 82020-08-25 - TatsukiUeda

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="LGADGeneralInformation"

ソーステスト202008

8月6日

Revision 72020-08-21 - SayukaKita

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="LGADGeneralInformation"

ソーステスト202008

8月6日

Line: 92 to 92
  時間分解能を測定したい C2
Added:
>
>
15:00頃

細い線源を使用していたが下トリガーで上の信号がこない。上下単体のパッドはなっている。

アライメントのせいだと疑い、太い線源に変更。太い線源直置き。

それでも信号がほとんど見えない。

15:30 200Vstack測定、Trgrate10Hzほど 

 

Comments


<--/commentPlugin-->

Revision 62020-08-21 - SayukaKita

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="LGADGeneralInformation"

ソーステスト202008

8月6日

Line: 51 to 51
  A3Padクロストーク確認のため250V~320V(10Vstep)で測定
Changed:
<
<
HPKMTに向けて内容を分担、詳細(PrepareMT2020)
>
>
J1,2,14,16->Tr0,Ch1,Ch2,Ch3 (J15が使えなくなっていたため、J14に変更している)

14:06 250V -2.10uA

14:20 260V -2.41uA

14:30 270V -2.80uA

14:40 280V -3.24uA

14:50 290V -3.60uA

15:05 300V -4.0uA

15:15 310V -4.5uA

 
Added:
>
>
15:43 320V -4.9uA

HPKMTに向けて内容を分担、詳細(PrepareMT2020)

 

8月19日

C2上段Padのみ測定

Line: 64 to 81
 C2上段Pad TRをelec0→2に変更

10:35 200V、TrgRate30Hz、約10分間

Added:
>
>

8月20日

B3 padデータ測定

120V~150V(10Vstep)で測定 150Vはノイズがひどい

8月21日

時間分解能を測定したい C2

 

Comments


<--/commentPlugin-->
Deleted:
<
<

Revision 52020-08-19 - SayukaKita

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="LGADGeneralInformation"

ソーステスト202008

8月6日

Line: 49 to 49
 

8月18日

Changed:
<
<
A-3、B-3のPadのクロストークを確認するため

A-3を250Vで測定

>
>
A3Padクロストーク確認のため250V~320V(10Vstep)で測定
  HPKMTに向けて内容を分担、詳細(PrepareMT2020)
Added:
>
>

8月19日

C2上段Padのみ測定

10:15 200V、TrgRate50Hz、約6分間 時間がたつと電流値が徐々に減少(0.7uA→0.15uA)

10:25 210V、TrgRate120Hz、約7分間 ノイズが主になる。2段Padは上段も下段も同じ振る舞いを示すことが分かった

C2上段Pad TRをelec0→2に変更

10:35 200V、TrgRate30Hz、約10分間

 

Comments


<--/commentPlugin-->
Added:
>
>

Revision 42020-08-18 - SayukaKita

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="LGADGeneralInformation"

ソーステスト202008

8月6日

Line: 47 to 47
  ch2が死んでる(ワイヤーの影響か、アンプの問題か、センサーの問題か)
Changed:
<
<
 
>
>

8月18日

A-3、B-3のPadのクロストークを確認するため

A-3を250Vで測定

HPKMTに向けて内容を分担、詳細(PrepareMT2020)

 

Comments


<--/commentPlugin-->

Revision 32020-08-17 - TatsukiUeda

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="LGADGeneralInformation"

ソーステスト202008

Added:
>
>

8月6日

 
Changed:
<
<
Article text.

8/6

>
>
C-2 PADの追加測定(200V,5分,強い方の90Sr)
 
Changed:
<
<
-- Atlasj Silicon - 2020-08-05
>
>
・20200720に測定したデータ解析が理論的に説明ができない結果→解析のバグではなさそう&「Ch2,Ch3のケーブルをつけ間違えた」という状況であればつじつまが合うということが分かったため。
 
Added:
>
>
・18:13,コリメータ、台はなし,200V,0.14μA

・結果理論通りの結果になる→7月20日の測定はチャンネルのつけ間違いだと判断(今後は同じミスをしないようにしたい)

8月7日

二段スタック状態でのソーステスト

基本情報

・PAD2枚、C-2

・下段PAD(J3,J4,J13,J14)を(Tr0,ch1,ch2,ch3)に、上段PAD(J5,J6,J11,J12)を(ch4,ch5,ch6,ch7)に接続

9:53-9:58 

200V,0.14uA,6分間,500MB程度

10:12-10:18

210V,0.17uA,6分間,500MB程度

190V,0.13uA,TrgRate5Hz,400MB

イベント数としては十分あるが上のPADが鳴いた数はかなり少ないことが分かったため、長時間の測定を行うことに

17:00~19:00

200V,2hour,0.14uA

約55000events

8月17日

A-3で測定(J7,J8,J9,J10)

10:44 250V、TrgRate5Hz、約5分間 Gainが出ていないためかなり信号が小さい&TrgRateも小さめ(波高の最大のものでも0.2V程度)

12:10 260V TrgRate 4Hz ,約5分間 時間がたってセンサーが落ち着いてきたのか電流が下がって250VよりもGainが落ちている

ch2が死んでる(ワイヤーの影響か、アンプの問題か、センサーの問題か)

 

 

Comments

Deleted:
<
<
<--/commentPlugin-->
 \ No newline at end of file
Added:
>
>

<--/commentPlugin-->

Revision 22020-08-06 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="LGADGeneralInformation"
Changed:
<
<

ソーステスト

>
>

ソーステスト202008

  Article text.
Added:
>
>

8/6

  -- Atlasj Silicon - 2020-08-05

Revision 12020-08-05 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
Added:
>
>
META TOPICPARENT name="LGADGeneralInformation"

ソーステスト

Article text.

-- Atlasj Silicon - 2020-08-05

Comments

<--/commentPlugin-->
 
This site is powered by the TWiki collaboration platform Powered by PerlCopyright © 2008-2022 by the contributing authors. All material on this collaboration platform is the property of the contributing authors.
Ideas, requests, problems regarding TWiki? Send feedback