チェッキングソース測定

サンプル

ACELGAD PAD A-3-p7-3 dead

ACELGAD PAD A-3-p2-4

ACELGAD PAD C-2p7-3 dead

ACELGAD PAD C-2-p2-4

セットアップ

-- Atlasj Silicon - 2020-07-09

アンプボード

A-2:1,2,15,16 ch

C-2:3,4,13,14 ch

90Srで測定

PAD_A-3で測定

-70V印加すると信号が見え始める

-250V印加で150mVくらいの信号がすべてのチャンネルで見える(全部クロストークしてる)

PAD_C-2で追加測定

PAD_C-2測定

-100V、150Vで確認

-クロストークはA-3と比較して劇的に減少した

-定量的な評価はこれから

IV測定

詳細は http://atlaspc5.kek.jp/do/view/Main/IVmeasureLog202007

2020/07/20

Ch1をtriggerにしてFlashADCでC2を測定(5min)

-170V ()

-100V ()

-190V (0.150uA)

-200V ()

-210V (0.201uA)

-220V (0.40uA) ノイズの影響が大きい

-180V (0.141uA)

binaryをtxt書き込みに変更して再測定(5min)

-190V (0.13uA)

-200V (0.148uA)

-210V (0.180uA)

-180V (0.119uA)

-170V (0.110uA)

-100V (0.048uA)

-220V (0.45uA) ノイズの影響大

- Atlasj Silicon - 2020-07-20

2020/07/24

PAD C-2 TRG->MPPC

ch0,ch1,ch2,ch3 senser

Stripセンサー測定(2020/07/27)

セットアップ

センサー:C2

電極->アンプCh ( 5->0, 6->1, 7->2, 8->TR0, 9->4, 10->5, 11->6, 12->7, 13->8)

バイアス電圧->130V~220V (10Vstep)

Stripセンサー測定(2020/07/29)

セットアップ

(下)>シンチ>アンプ>センサー>コリメーター>線源>(上)

電極->ADC Ch (1->0, 2->1, ... ,15->16, MPPC->TR0)

バイアス電圧->200V

一晩走らせた (シンチのイベント数>>センサーのイベント数のため)

Comments

ACELGAD PAD C-2-p2-4

-wirebondがゆるんでHVhotplane(芯線側)に接触していた

-打ちなおすことにより改善

Edit | Attach | Watch | Print version | History: r10 < r9 < r8 < r7 < r6 | Backlinks | Raw View | Raw edit | More topic actions
Topic revision: r10 - 2021-01-15 - TatsukiUeda
 
This site is powered by the TWiki collaboration platform Powered by PerlCopyright © 2008-2022 by the contributing authors. All material on this collaboration platform is the property of the contributing authors.
Ideas, requests, problems regarding TWiki? Send feedback