RD53Aのテストを始める際の最初のいろは

(すみません、とりあえずメモ貼り付けます。後で説明をちゃんと書き込みます)

localコピー

tag はrd53a_latestから

git clone https::gitlab.cern.ch/YARR/YARR-FW.git
git fetch
git checkout -b rd53a_latest rd53a_latest


syn: main
ip-cores : xilinxがprovideしている(普通はいじらない)
rtl : functions (main playerなら知っておきたい)

syn/xpressk7/bram_yarr.vhd top file

VHDL派

topのした,
xpressk7
app のしたにclock やFIFO

cd bram_rd53a_quad_lbnl-325

Makefileのなかに読むファイルのリスト
xdcがpinアサインなどのconstraintが書かれている

makeができてfirmwareができました

書き込みは
scriptされたものを使う

script/flash.py (vivadoのコマンドの羅列)

. /opt/Xilinx/Vivado/2016.2/setting64.sh で環境を設定

JTAGを繋いで
pyhton flash.py
(jtagコネクタの横のスイッチをぱちぱちする)

18番を選ぶ(bram_rd53a_lbnl-325 )。

書き込み終わったら,一度PCをリブート
(アドレスを認識)



software

git clone https://gitlab.cern.ch/YARR/YARR.git
git fetch
git checkout -b rd53a_latest rd53a_latest

cd src
make -j4

./bin/test (DMA転送が成功!)

./tools/ にソースがある。rd53a_**をいじる

rd53a_test.cpp

fe.configure
fe.trigger
trigger commandをFIFOに書き込んでchipに送る

setEn等は
fe.configurePixels()をしないと実行されない

direct power supply (shuntを使わない)
1 1.3V 0.415A
2 1.3V 0.140A

./bin/rd53a_test

走らせた後
1: 0.22A
2: 0.26A

電源OFF にして入れ直すと上手くいった。

-- Osamu Jinnouchi - 2018-04-25

Comments

Topic revision: r1 - 2018-04-25 - OsamuJinnouchi
 
This site is powered by the TWiki collaboration platform Powered by PerlCopyright © 2008-2022 by the contributing authors. All material on this collaboration platform is the property of the contributing authors.
Ideas, requests, problems regarding TWiki? Send feedback