Exclude DUT

以下のような時にDUTを除きたいと思うかもしれない

  1. DUTにHVがかかっていないのでRuncontrolに入れたとき
  2. 複雑なピクセル構造をしているセンサーが混ざっていて他のセンサーの解析が出来ないとき

Exclude DUT

step1 gear file

excludeしたいセンサーをgear fileの一番後ろに持っていく

この時、z-positionも一番後ろに回す

step2 steering-template

align-tmp.xmlとfitter-tmp.xmlにおける「TelescopePlanes」などをgear fileのz-positionに合わせて変更

step3 config

hitmakerの中の「Residuals**」、alignの中の「Residual**」をgear fileに合わせて、excludeしたいDUTを一番後ろに持っていく。

alignの中の「ExcludePlanes」に除きたいDUTを書き加える。

かなり大雑把に書いたので抜けている所、間違っている所など多くあると思います。

この方法を参考にしてもらって、あまり鵜呑みにせずに自分で確認しながらやってみてください。

excludeしたDUTがあるrunのディレクトリ

lxatut : /data/data11/zp/kazuyuki/Reconstruction/runarea/run_cern_2015_sep_itk -> DUT22をexclude

Exclude DUT(強化版)

上の方法だと、alignの出力ファイルになぜか外したはずのセンサーのResidualが入っている。
3Dセンサーなどの特殊な構造のセンサーの場合対応するpixgeoがないため残しておいては正確なアライメントができない。
その場合は以下の方法を試すとExcludeしたいセンサーを完全になかったことにできる。

step1 gear file

excludeしたいセンサーをgear fileの一番後ろに持っていく。
この時、z-positionも一番後ろに回す

step2 gearの{runumger}_pre.xml

hitmakerまで回すとgearfileと同じディレクトリにgear{runumger}_pre.xmlが生成される。
ここからExcludeしたいセンサーの情報を外し、siplanesNumber、Geometryも外した後の情報に合わせて書き換える。

step3 config file、steering-template

align以降の項目(TelescopePlanesなど)を、pre.xmlで書き換えた情報に合わせて書き換える。

-- Atlasj Silicon - 2016-09-05

Comments


Edit | Attach | Watch | Print version | History: r2 < r1 | Backlinks | Raw View | Raw edit | More topic actions
Topic revision: r2 - 2017-10-15 - AtlasjSilicon
 
This site is powered by the TWiki collaboration platform Powered by PerlCopyright © 2008-2022 by the contributing authors. All material on this collaboration platform is the property of the contributing authors.
Ideas, requests, problems regarding TWiki? Send feedback