Difference: Tutorial5thTCADDay2Question (1 vs. 6)

Revision 62021-06-01 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Tutorial4thTCADWorkshop"

2日目 (様々なサンプルプログラムとsdeの構築) -- 演習問題

Line: 25 to 25
 

Comments

<--/commentPlugin-->
Added:
>
>
META FILEATTACHMENT attachment="TCAD__1.pdf" attr="" comment="" date="1622509399" name="TCAD__1.pdf" path="TCAD__1.pdf" size="1980038" user="AtlasjSilicon" version="1"
META FILEATTACHMENT attachment="tcad_2nd.pdf" attr="" comment="" date="1622510951" name="tcad_2nd.pdf" path="tcad_2nd.pdf" size="1417832" user="AtlasjSilicon" version="1"

Revision 52021-05-25 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Tutorial4thTCADWorkshop"

2日目 (様々なサンプルプログラムとsdeの構築) -- 演習問題

Changed:
<
<

問題1 ()

>
>

問題1 (五屋)

  Simple2Dの例題のSimple2D_des.cmdファイルで行っていること理解して説明せよ。
Changed:
<
<

問題2 ()

>
>

問題2 (倉持)

  Simple3Dの例題で作った構造体のpixel数を5x5にして構造体を作ってみよ。
Changed:
<
<

問題3 ()

>
>

問題3 (大森)

  Simple2Dの例題で作った構造体のn+電極の形を知るため、リンのドープ量の垂直および水平方向のプロファイルをプロットして、どのような形になっているかを調べよ。

また、リンドープのgaussian-profileの Gauss の "Factor" の値を変えてどのようなプロファイルに変化するかを調べよ。

Changed:
<
<

問題4(応用) ()

>
>

問題4(応用) (比江森)

  Simple2Dの例題で電極間分離のために p-sprayを使っているが、これを電極と電極の間の中央に幅2um深さ1.2umのホウ素のドープ(p-stop)を生成せよ。svisualでうまく作れたことを確認する。
Line: 25 to 25
 

Comments

<--/commentPlugin-->
Deleted:
<
<
META FILEATTACHMENT attachment="TCAD_284363272221839389881_3742826408.xlsx" attr="" comment="" date="1590626619" name="TCAD_284363272221839389881_3742826408.xlsx" path="TCAD_284363272221839389881_3742826408.xlsx" size="226372" user="AtlasjSilicon" version="1"
META FILEATTACHMENT attachment="355063898893133070720117.pdf" attr="" comment="" date="1590626719" name="355063898893133070720117.pdf" path="355063898893133070720117.pdf" size="242333" user="AtlasjSilicon" version="1"
META FILEATTACHMENT attachment="TCAD2-3.pdf" attr="" comment="問題3(北)" date="1590626859" name="TCAD2-3.pdf" path="TCAD2-3.pdf" size="631148" user="AtlasjSilicon" version="1"
META FILEATTACHMENT attachment="TCADday2kadai4.pdf" attr="" comment="問題4 熊倉" date="1590627162" name="TCADday2kadai4.pdf" path="TCADday2kadai4.pdf" size="268763" user="AtlasjSilicon" version="1"

Revision 42021-05-23 - KojiNakamura

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Tutorial4thTCADWorkshop"

2日目 (様々なサンプルプログラムとsdeの構築) -- 演習問題

Changed:
<
<

問題1 (鈴木)

>
>

問題1 ()

  Simple2Dの例題のSimple2D_des.cmdファイルで行っていること理解して説明せよ。
Changed:
<
<

問題2 (石井)

>
>

問題2 ()

  Simple3Dの例題で作った構造体のpixel数を5x5にして構造体を作ってみよ。
Changed:
<
<

問題3 (北)

>
>

問題3 ()

  Simple2Dの例題で作った構造体のn+電極の形を知るため、リンのドープ量の垂直および水平方向のプロファイルをプロットして、どのような形になっているかを調べよ。

また、リンドープのgaussian-profileの Gauss の "Factor" の値を変えてどのようなプロファイルに変化するかを調べよ。

Changed:
<
<

問題4(応用) (熊倉)

>
>

問題4(応用) ()

  Simple2Dの例題で電極間分離のために p-sprayを使っているが、これを電極と電極の間の中央に幅2um深さ1.2umのホウ素のドープ(p-stop)を生成せよ。svisualでうまく作れたことを確認する。

Revision 32020-05-28 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Tutorial4thTCADWorkshop"

2日目 (様々なサンプルプログラムとsdeの構築) -- 演習問題

Line: 25 to 25
 

Comments

<--/commentPlugin-->
\ No newline at end of file
Added:
>
>
META FILEATTACHMENT attachment="TCAD_284363272221839389881_3742826408.xlsx" attr="" comment="" date="1590626619" name="TCAD_284363272221839389881_3742826408.xlsx" path="TCAD_284363272221839389881_3742826408.xlsx" size="226372" user="AtlasjSilicon" version="1"
META FILEATTACHMENT attachment="355063898893133070720117.pdf" attr="" comment="" date="1590626719" name="355063898893133070720117.pdf" path="355063898893133070720117.pdf" size="242333" user="AtlasjSilicon" version="1"
META FILEATTACHMENT attachment="TCAD2-3.pdf" attr="" comment="問題3(北)" date="1590626859" name="TCAD2-3.pdf" path="TCAD2-3.pdf" size="631148" user="AtlasjSilicon" version="1"
META FILEATTACHMENT attachment="TCADday2kadai4.pdf" attr="" comment="問題4 熊倉" date="1590627162" name="TCADday2kadai4.pdf" path="TCADday2kadai4.pdf" size="268763" user="AtlasjSilicon" version="1"

Revision 22020-05-21 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Tutorial4thTCADWorkshop"

2日目 (様々なサンプルプログラムとsdeの構築) -- 演習問題

Changed:
<
<

問題1

>
>

問題1 (鈴木)

  Simple2Dの例題のSimple2D_des.cmdファイルで行っていること理解して説明せよ。
Changed:
<
<

問題2

>
>

問題2 (石井)

  Simple3Dの例題で作った構造体のpixel数を5x5にして構造体を作ってみよ。
Changed:
<
<

問題3

>
>

問題3 (北)

  Simple2Dの例題で作った構造体のn+電極の形を知るため、リンのドープ量の垂直および水平方向のプロファイルをプロットして、どのような形になっているかを調べよ。

また、リンドープのgaussian-profileの Gauss の "Factor" の値を変えてどのようなプロファイルに変化するかを調べよ。

Changed:
<
<

問題4(応用)

>
>

問題4(応用) (熊倉)

 
Changed:
<
<
電極間分離のために p-sprayを使っているが、これを電極と電極の間の中央に幅2um深さ1.2umのホウ素のドープ(p-stop)を生成せよ。svisualでうまく作れたことを確認する。
>
>
Simple2Dの例題で電極間分離のために p-sprayを使っているが、これを電極と電極の間の中央に幅2um深さ1.2umのホウ素のドープ(p-stop)を生成せよ。svisualでうまく作れたことを確認する。
  (難しい場合は前回のmyexampleの例を参考にしてみるとよい)

Revision 12020-05-16 - KojiNakamura

Line: 1 to 1
Added:
>
>
META TOPICPARENT name="Tutorial4thTCADWorkshop"

2日目 (様々なサンプルプログラムとsdeの構築) -- 演習問題

問題1

Simple2Dの例題のSimple2D_des.cmdファイルで行っていること理解して説明せよ。

問題2

Simple3Dの例題で作った構造体のpixel数を5x5にして構造体を作ってみよ。

問題3

Simple2Dの例題で作った構造体のn+電極の形を知るため、リンのドープ量の垂直および水平方向のプロファイルをプロットして、どのような形になっているかを調べよ。

また、リンドープのgaussian-profileの Gauss の "Factor" の値を変えてどのようなプロファイルに変化するかを調べよ。

問題4(応用)

電極間分離のために p-sprayを使っているが、これを電極と電極の間の中央に幅2um深さ1.2umのホウ素のドープ(p-stop)を生成せよ。svisualでうまく作れたことを確認する。

(難しい場合は前回のmyexampleの例を参考にしてみるとよい)

-- Koji Nakamura - 2020-05-16

Comments

<--/commentPlugin-->
 
This site is powered by the TWiki collaboration platform Powered by PerlCopyright © 2008-2022 by the contributing authors. All material on this collaboration platform is the property of the contributing authors.
Ideas, requests, problems regarding TWiki? Send feedback