Difference: Jul2018CYRIC (1 vs. 12)

Revision 122018-11-27 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="CYRICProtonIrradiation"
Arrow blue left Arrow blue up Arrow blue right Home
Line: 8 to 8
  2018年7月のCYRIC照射のログです。
Changed:
<
<
期間:2018/7/23 (Mon.) - 7/27 (Fri.)
>
>
期間:2018/7/23(Mon.) - 7/28 (Fri.)
 
Changed:
<
<
参加者:
 東工大: 中村(優)
 筑波大: 原 大鳴 原田 内山 岩波
 お茶大:河野 藤本
 九大: 小林 藤野
 KEK: 池上 中村(浩) 古市 外川
>
>

 
 
 
Changed:
<
<

>
>
今回からNIEL FACTOR = 0.65
 
Changed:
<
<
今回からNIEL Factor = 0.65

7/25 (Wed.)

2:22 窒素補給完了.

2:28 Run2 開始.

  • 温度計の設定変更:
    "上流側の温度" -25 ℃ でスイッチが切り替わるように設定した.

5:14 15秒間程度ビームストップ.1分未満なので,ロスタイムには計上せず.

8:20 窒素補給完了.シフト切り替わり

8:45 ダンプが1500->1600に上昇。1500に修正

9:00 ダンプが1500->1600に上昇。1500に修正

11:00 run6に入ろうとしたところ、slot8を入れた際にケーブルが接触し、エラーに。

外川さんと原先生がアクセス。

15:00 run6開始。slot7,8はセンサー故障のため、slot6のみを動かすことでscanを行う。slot7,8については格納はできるが取り出せないため、格納以外は行わない。

15:15 アラーム発生時、原点復帰をすぐにしないこと。

アラームを止めるにはpcから行うこと。(原点復帰でのアラーム解除は反応できない使用に変更された)

問題はy軸方向に移動する際にslotのツメが引っかかることによる。そのためy軸がおかしくなっていないかを確認する。y軸がおかしな値でなければ、そのまま原点復帰してもよい。

おかしい場合は、アラームを解除後、手動2画面でz軸,x軸,y軸の値を最大までマイナスにする(最小の値に移動。)


Long Access まとめ ここから ----------------------------

原因: Peelサンプルの照射の際に、Target 8をTarget setで異常発生。 原点復帰した際にy軸の爪が戻らずに、ボックスと衝突。

アクセス: Sensor 8が完全に切れた。7も接触不良。 電源を切って爪を手動で動かして際復帰。 他のものを動かそうと、Target set、格納でエラー。 先の衝突でy軸状の爪が大きく曲がった事が原因。-> 取り外して変形を直す。 それでも Target set、格納でエラー。爪のx位置が少し悪そうなので、コントローラ側で変更。 xの、No.3:照射側:140.5 -> 145.5 No.4:照射側引き出し:145.5 -> 150.5 No.5:格納側:15.8 -> 17.8 で Target set、格納可能になった。

この最中に事故でSlot1のセンサを破壊。Slot1のサンプルを空いていてSlot11に指し直し。

Slot 7, 8はBeam sideに入れたままでSlot 6の操作で照射することにした。


Long Access まとめ ここまで ----------------------------

17:00 RUN6終了後、Slot 7,8の引き出しができない。モニタからz方向がたりていなそう。

コントローラ側の設定を変更。zの、No.4:格納時引き出し:142 -> 144で格納できた。

20:00 ビームダンプの強度が1.1umくらいまで下がった時間が10分程度。(設定1.2 - 1.4 um程度)

7/26 (Thu.)

0:23 scan中にアラームが鳴ったためbeam stop、そのままRun7は終了とした(予定より4分27秒早い)

4:40 窒素補給完了.3つある窒素容器のうち最大のもの1杯を補給した.

6:08 照射終了.ビーム止.

7/27 (Fri.)

片付け

-- Atlasj Silicon - 2018-07-24

>
>
7/23 (Mon.)
 

Comments

Changed:
<
<
-- Atlasj Silicon - 2018-07-25

<--/commentPlugin-->
>
>
-- Atlasj Silicon - 2018-11-26

<--/commentPlugin-->

Revision 112018-07-26 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="CYRICProtonIrradiation"
Arrow blue left Arrow blue up Arrow blue right Home
Line: 14 to 14
 
Added:
>
>
今回からNIEL Factor = 0.65
 

7/25 (Wed.)

2:22 窒素補給完了.

Revision 102018-07-25 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="CYRICProtonIrradiation"
Arrow blue left Arrow blue up Arrow blue right Home
Line: 63 to 63
 20:00 ビームダンプの強度が1.1umくらいまで下がった時間が10分程度。(設定1.2 - 1.4 um程度)

7/26 (Thu.)

Deleted:
<
<
ドシメトリの日
 0:23 scan中にアラームが鳴ったためbeam stop、そのままRun7は終了とした(予定より4分27秒早い)
Added:
>
>
4:40 窒素補給完了.3つある窒素容器のうち最大のもの1杯を補給した.

6:08 照射終了.ビーム止.

 

7/27 (Fri.)

片付け

Revision 92018-07-25 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="CYRICProtonIrradiation"
Arrow blue left Arrow blue up Arrow blue right Home
Line: 65 to 65
  ドシメトリの日
Added:
>
>
0:23 scan中にアラームが鳴ったためbeam stop、そのままRun7は終了とした(予定より4分27秒早い)
 

7/27 (Fri.)

片付け

Line: 73 to 74
 

Comments

Deleted:
<
<
-- Atlasj Silicon - 2018-07-25
<--/commentPlugin-->
 \ No newline at end of file
Added:
>
>
-- Atlasj Silicon - 2018-07-25

<--/commentPlugin-->

Revision 82018-07-25 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="CYRICProtonIrradiation"
Arrow blue left Arrow blue up Arrow blue right Home
Line: 59 to 59
 17:00 RUN6終了後、Slot 7,8の引き出しができない。モニタからz方向がたりていなそう。

コントローラ側の設定を変更。zの、No.4:格納時引き出し:142 -> 144で格納できた。

Added:
>
>
20:00 ビームダンプの強度が1.1umくらいまで下がった時間が10分程度。(設定1.2 - 1.4 um程度)
 

7/26 (Thu.)

ドシメトリの日

Revision 72018-07-25 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="CYRICProtonIrradiation"
Arrow blue left Arrow blue up Arrow blue right Home
Line: 48 to 48
  原因: Peelサンプルの照射の際に、Target 8をTarget setで異常発生。 原点復帰した際にy軸の爪が戻らずに、ボックスと衝突。
Changed:
<
<
アクセス: Sensor 8が完全に切れた。7も接触不良。 電源を切って爪を手動で動かして際復帰。 他のものを動かそうと、Target set、格納でエラー。 先の衝突でy軸状の爪が大きく曲がった事が原因。-> 取り外して変形を直す。 それでも Target set、格納でエラー。爪のx位置が少し悪そうなので、コントローラ側で変更。 No.3:照射側:140.5 -> 145.5 No.4:照射側引き出し:145.5 -> 150.5 No.5:格納側:15.8 -> 17.8 で Target set、格納可能になった。
>
>
アクセス: Sensor 8が完全に切れた。7も接触不良。 電源を切って爪を手動で動かして際復帰。 他のものを動かそうと、Target set、格納でエラー。 先の衝突でy軸状の爪が大きく曲がった事が原因。-> 取り外して変形を直す。 それでも Target set、格納でエラー。爪のx位置が少し悪そうなので、コントローラ側で変更。 xの、No.3:照射側:140.5 -> 145.5 No.4:照射側引き出し:145.5 -> 150.5 No.5:格納側:15.8 -> 17.8 で Target set、格納可能になった。
  この最中に事故でSlot1のセンサを破壊。Slot1のサンプルを空いていてSlot11に指し直し。
Line: 56 to 56
 
Long Access まとめ ここまで ----------------------------
Added:
>
>
17:00 RUN6終了後、Slot 7,8の引き出しができない。モニタからz方向がたりていなそう。

コントローラ側の設定を変更。zの、No.4:格納時引き出し:142 -> 144で格納できた。

 

7/26 (Thu.)

ドシメトリの日

Revision 62018-07-25 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="CYRICProtonIrradiation"
Arrow blue left Arrow blue up Arrow blue right Home
Line: 34 to 34
  外川さんと原先生がアクセス。
Added:
>
>
15:00 run6開始。slot7,8はセンサー故障のため、slot6のみを動かすことでscanを行う。slot7,8については格納はできるが取り出せないため、格納以外は行わない。

15:15 アラーム発生時、原点復帰をすぐにしないこと。

アラームを止めるにはpcから行うこと。(原点復帰でのアラーム解除は反応できない使用に変更された)

問題はy軸方向に移動する際にslotのツメが引っかかることによる。そのためy軸がおかしくなっていないかを確認する。y軸がおかしな値でなければ、そのまま原点復帰してもよい。

おかしい場合は、アラームを解除後、手動2画面でz軸,x軸,y軸の値を最大までマイナスにする(最小の値に移動。)


Long Access まとめ ここから ----------------------------

原因: Peelサンプルの照射の際に、Target 8をTarget setで異常発生。 原点復帰した際にy軸の爪が戻らずに、ボックスと衝突。

アクセス: Sensor 8が完全に切れた。7も接触不良。 電源を切って爪を手動で動かして際復帰。 他のものを動かそうと、Target set、格納でエラー。 先の衝突でy軸状の爪が大きく曲がった事が原因。-> 取り外して変形を直す。 それでも Target set、格納でエラー。爪のx位置が少し悪そうなので、コントローラ側で変更。 No.3:照射側:140.5 -> 145.5 No.4:照射側引き出し:145.5 -> 150.5 No.5:格納側:15.8 -> 17.8 で Target set、格納可能になった。

この最中に事故でSlot1のセンサを破壊。Slot1のサンプルを空いていてSlot11に指し直し。

Slot 7, 8はBeam sideに入れたままでSlot 6の操作で照射することにした。


Long Access まとめ ここまで ----------------------------
 

7/26 (Thu.)

ドシメトリの日

Line: 46 to 68
 

Comments

Deleted:
<
<

<--/commentPlugin-->
 \ No newline at end of file
Added:
>
>
-- Atlasj Silicon - 2018-07-25
<--/commentPlugin-->

Revision 52018-07-25 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="CYRICProtonIrradiation"
Arrow blue left Arrow blue up Arrow blue right Home
Line: 30 to 30
  9:00 ダンプが1500->1600に上昇。1500に修正
Added:
>
>
11:00 run6に入ろうとしたところ、slot8を入れた際にケーブルが接触し、エラーに。

外川さんと原先生がアクセス。

 

7/26 (Thu.)

ドシメトリの日

Revision 42018-07-25 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="CYRICProtonIrradiation"
Arrow blue left Arrow blue up Arrow blue right Home
Line: 24 to 24
  5:14 15秒間程度ビームストップ.1分未満なので,ロスタイムには計上せず.
Added:
>
>
8:20 窒素補給完了.シフト切り替わり

8:45 ダンプが1500->1600に上昇。1500に修正

9:00 ダンプが1500->1600に上昇。1500に修正

 

7/26 (Thu.)

ドシメトリの日

Revision 32018-07-24 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="CYRICProtonIrradiation"
Arrow blue left Arrow blue up Arrow blue right Home
Line: 22 to 22
 
  • 温度計の設定変更:
    "上流側の温度" -25 ℃ でスイッチが切り替わるように設定した.
Added:
>
>
5:14 15秒間程度ビームストップ.1分未満なので,ロスタイムには計上せず.
 

7/26 (Thu.)

ドシメトリの日

Revision 22018-07-24 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="CYRICProtonIrradiation"
Arrow blue left Arrow blue up Arrow blue right Home
Line: 12 to 12
  参加者:
 東工大: 中村(優)
 筑波大: 原 大鳴 原田 内山 岩波
 お茶大:河野 藤本
 九大: 小林 藤野
 KEK: 池上 中村(浩) 古市 外川
Changed:
<
<
>
>

 

7/25 (Wed.)

Added:
>
>
2:22 窒素補給完了.

2:28 Run2 開始.

  • 温度計の設定変更:
    "上流側の温度" -25 ℃ でスイッチが切り替わるように設定した.
 

7/26 (Thu.)

ドシメトリの日

Revision 12018-07-24 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
Added:
>
>
META TOPICPARENT name="CYRICProtonIrradiation"
Arrow blue left Arrow blue up Arrow blue right Home

Info general infomation Photo photo page

Jul. 2018 CYRIC log book

2018年7月のCYRIC照射のログです。

期間:2018/7/23 (Mon.) - 7/27 (Fri.)

参加者:
 東工大: 中村(優)
 筑波大: 原 大鳴 原田 内山 岩波
 お茶大:河野 藤本
 九大: 小林 藤野
 KEK: 池上 中村(浩) 古市 外川

7/25 (Wed.)

7/26 (Thu.)

ドシメトリの日

7/27 (Fri.)

片付け

-- Atlasj Silicon - 2018-07-24

Comments


<--/commentPlugin-->
 
This site is powered by the TWiki collaboration platform Powered by PerlCopyright © 2008-2022 by the contributing authors. All material on this collaboration platform is the property of the contributing authors.
Ideas, requests, problems regarding TWiki? Send feedback