Difference: Oct2018CERNTBlog (1 vs. 83)

Revision 832018-10-17 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 1076 to 1077
  HV落とす
Changed:
<
<
YARR, HSIO2のconfig file -> /home/kuchiyam/2018_oct_cern_TB 以下にあります
>
>
YARR, HSIO2のconfig file → /home/kuchiyam/2018_oct_cern_TB にあります
 

Comments


<--/commentPlugin-->

Revision 822018-10-17 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 1036 to 1036
  <H6B>
Changed:
<
<
50Vのdata taking終了(させた) dataは1.9M弱取得
>
>
50Vのdata taking終了(させた) dataは約1.9M取得
  70Vのdata taking開始
Added:
>
>
[5:45]

userにLHCが追加され1 spillになる...

[6:00]

2 spillに戻った!

[6:30]

<H6B>

70Vのdata taking終了

100Vのdata taking開始

[6:40]

LHC Fillingが始まりそうな予感 1 spillになる

[7:14]

2 spillに戻る

[8:00]

ビーム止まる

<H6A>

センサーのHVを落とし、coolingの設定温度を20度にする。

<H6B>

HV落とす

YARR, HSIO2のconfig file -> /home/kuchiyam/2018_oct_cern_TB 以下にあります

 

Comments


<--/commentPlugin-->

Revision 812018-10-17 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 1003 to 1003
  H6A にケーブル類取るためにアクセス
Added:
>
>
<H6B>

YARR KEK53-17

BDAQ KEK53-14(reference)

17 Oct 2018

[0:15]

<H6A>

傾けビームアライメント完了

[0:40]

<H6B>

20Vのdata taking終了

手動でStopしてStartをするとYARRが動かなくなる?

朝7時からLHC Fillingが始まるとのことなので少なくとも2時まで50Vのdata takingを行う(遅くても2時半には70Vに移行する)

現行のrate(~350Hz)で50Vのdataは1.7M程度取れる計算

[1:20]

ビーム止まる

[2:15]

<H6B>

50Vのdata taking終了(させた) dataは1.9M弱取得

70Vのdata taking開始

 

Comments


<--/commentPlugin-->

Revision 802018-10-16 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 952 to 952
  correlationが見にくいのでdig(6977)/ana(6978) maskを適用
Added:
>
>
correlation vs. timeで濃淡が出るようになった
 [9:30]

ビームラインからbdaqボードを引き上げコントロールルームでテスト。

Line: 960 to 962
  [9:50]
Changed:
<
<
<HB6>
>
>
<H6B>
  ノイズのmaskをした(YARR)

[10:15]

Changed:
<
<
<HA6>
>
>
<H6A>
  HV落とした。LV落とした。
Line: 974 to 976
  [10:30]
Changed:
<
<
<HB6>
>
>
<H6B>
  noisemaskをしたらcorrelationがとてもきれいに見えるようになった(run3044)

[11:15]

Changed:
<
<
<HA6>
>
>
<H6A>
  温度25℃に戻した
Line: 997 to 999
  ビームストップ
Changed:
<
<
H6B にbdaqのsetupを作る
>
>
H6B にbdaqのsetupを作る
 
Changed:
<
<
H6A にケーブル類取るためにアクセス
>
>
H6A にケーブル類取るためにアクセス
 

Comments

Revision 792018-10-16 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 987 to 987
 [12:22]

角度を80度にしてセットアップ

Changed:
<
<
>
>
Sensor LV ch. HV ch. daq
53-10 - - 冷凍庫
53-8(80) 4,5 2 yarr
53-5(80) 2,3 1 bdaq
 温度-60度に設定した
Added:
>
>
[14:00]

ビームストップ

H6B にbdaqのsetupを作る

H6A にケーブル類取るためにアクセス

 

Comments


<--/commentPlugin-->
\ No newline at end of file

Revision 782018-10-16 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 970 to 970
  HV落とした。LV落とした。
Deleted:
<
<
温度を40度に変更
 アクセスして窒素のフローを少し増やした

[10:30]

Line: 986 to 984
  温度25℃に戻した
Added:
>
>
[12:22]

角度を80度にしてセットアップ

温度-60度に設定した

 

Comments


<--/commentPlugin-->

Revision 772018-10-16 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 958 to 958
  ジャンパーの配置でSiTCPのIPがちゃんと変わるのを確認。-->問題なさそう。
Added:
>
>
[9:50]

<HB6>

ノイズのmaskをした(YARR)

[10:15]

<HA6>

HV落とした。LV落とした。

温度を40度に変更

アクセスして窒素のフローを少し増やした

[10:30]

<HB6>

noisemaskをしたらcorrelationがとてもきれいに見えるようになった(run3044)

[11:15]

<HA6>

温度25℃に戻した

 

Comments


<--/commentPlugin-->
\ No newline at end of file

Revision 762018-10-16 - KojiNakamura

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 952 to 951
 <H6B>

correlationが見にくいのでdig(6977)/ana(6978) maskを適用

Added:
>
>
[9:30]

ビームラインからbdaqボードを引き上げコントロールルームでテスト。

ジャンパーの配置でSiTCPのIPがちゃんと変わるのを確認。-->問題なさそう。

 

Comments


<--/commentPlugin-->
\ No newline at end of file

Revision 752018-10-16 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Revision 742018-10-16 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 913 to 913
  USBpix + KC705動いた!!
Changed:
<
<

H6Abox開けるときにH6BmoduleのHV落とす

>
>

H6Abox 開けるときにH6BmoduleのHV落とす

  ○H6A
Line: 932 to 932
  [3:30]
Added:
>
>
<H6A>
 KEK53-5 1500e 600V測定終了

HVを800Vに変更

[5:00]

Added:
>
>
<H6A>
 Trigger が発行されなくなる。

rceProducerが落ちていたのが原因。立ち上げ直してstartで解決。

Added:
>
>
[6:30]

<H6B>

correlationが見にくいのでdig(6977)/ana(6978) maskを適用

 

Comments


<--/commentPlugin-->
\ No newline at end of file

Revision 732018-10-16 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 936 to 935
 KEK53-5 1500e 600V測定終了

HVを800Vに変更

Added:
>
>
[5:00]

Trigger が発行されなくなる。

rceProducerが落ちていたのが原因。立ち上げ直してstartで解決。

 

Comments


<--/commentPlugin-->

Revision 722018-10-16 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 927 to 927
  [0:00]
Changed:
<
<
H6B(KC705+USBpix)はauto restartするとRun Controlがクラッシュする?ので手動でrestartする必要がある
>
>
H6B(KC705+USBpix)はauto restartするとRun Controlがクラッシュするので手動でrestartする必要がある
  20000 triggerでevent buildされなかったらrestart
Added:
>
>
[3:30]

KEK53-5 1500e 600V測定終了

HVを800Vに変更

 

Comments


<--/commentPlugin-->

Revision 712018-10-15 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 880 to 881
  threshold scanはBasic Parのstepの数を200->50にして、Scan ParsはScan from 0to 100 #stepsを100にしてとった
Added:
>
>
STcontrol eudaqを起動するときはSTcontrol_eudaq 192.168.5.2
 [4:47]

BDAQふっかーつ

Line: 907 to 909
 53-5 power cycleのため再度アクセス

KEK53-5 th.1500e 600V開始

Added:
>
>
[23:30]

USBpix + KC705動いた!!

H6Abox開けるときにH6BmoduleのHV落とす

○H6A

600V(8M)->800V(UK来るまで~10時?)->傾け

○H6B

50V->HV落とす->5V->10V->20V->70V->100V

16 Oct 2018

[0:00]

H6B(KC705+USBpix)はauto restartするとRun Controlがクラッシュする?ので手動でrestartする必要がある

20000 triggerでevent buildされなかったらrestart

 

Comments


<--/commentPlugin-->

Revision 702018-10-15 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 864 to 864
  KEK53-5 th.1500e 400V開始
Changed:
<
<
○H6BのDAQの動かし方
>
>
○H6BのUsbPixでのtuning
 
Changed:
<
<
<usbpix : High vol.の操作>
>
>
kekatlaspc9からssh 192.168.5.16 -l testbeamuser
  cd software/USBpix_release_6_6
Line: 874 to 874
  STcontrol で起動
Changed:
<
<
fonfig file はmemo.txtに書いてある
>
>
config fileはFile->Open config fileでtestbeamuser/KEK/KEK82の下?にあるものを使用
  ※DataViewerを起動すると過去のプロットとかが見える
Added:
>
>
threshold scanはBasic Parのstepの数を200->50にして、Scan ParsはScan from 0to 100 #stepsを100にしてとった

[4:47]

BDAQふっかーつ

port 1のみが死んでいたらしく、port 2にfirmを焼き直したら動くようになったよう。

KEK53-8をBDAQで取る。

[17:35]

KEK53-5 th.1500e 400V終了

bdaq set up

53-8はmini displayportしか出てない

53-10をbdaqにつなぐ

Sensor LV ch. HV ch. daq
53-10 2,3 2 bdaq
53-8 4,5 - -
53-5 texio 1 yarr
[18:00]

53-5 power cycleのため再度アクセス

KEK53-5 th.1500e 600V開始

 

Comments


<--/commentPlugin-->

Revision 692018-10-15 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 859 to 858
  run5579 から再び200Vで再開
Added:
>
>
[15:00]

KEK53-5 th.1500e 200V終了

KEK53-5 th.1500e 400V開始

○H6BのDAQの動かし方

<usbpix : High vol.の操作>

cd software/USBpix_release_6_6

source setup.sh

STcontrol で起動

fonfig file はmemo.txtに書いてある

※DataViewerを起動すると過去のプロットとかが見える

 

Comments


<--/commentPlugin-->
\ No newline at end of file

Revision 682018-10-15 - KojiNakamura

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 852 to 853
  以上三つを作成してデータをとる
Added:
>
>
run5577 から1500e threshold @ 200V でデータ取得を開始。

若干ノイジーだったので400Vを試してみた-->変わらないのでもとに戻した。

run5579 から再び200Vで再開

 

Comments


<--/commentPlugin-->
\ No newline at end of file

Revision 672018-10-15 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 849 to 849
 
rd53a_test_th1500_vth200.json
rd53a_test_th1800_vth200.json
rd53a_test_th2200_vth250.json
Changed:
<
<
以上三つを作成して
>
>
以上三つを作成してデータをとる
 

Comments

Deleted:
<
<
<--/commentPlugin-->
 \ No newline at end of file
Added:
>
>

<--/commentPlugin-->
 \ No newline at end of file

Revision 662018-10-15 - KojiNakamura

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 841 to 841
  tuningを1200,1800を準備する。バイアスは200Vに落とした。
Added:
>
>
tuning雑記

thresholdを下げるためにVth1を下げて行ってみたところ tune後のthreshold 分布の右側のテールは減るが、Analogの responseが悪くなる。

なるべくVth1を高くキープしてTDACで下げるのがノイズ的にはよいことがわかった。

rd53a_test_th1500_vth200.json
rd53a_test_th1800_vth200.json
rd53a_test_th2200_vth250.json
以上三つを作成して
 

Comments

<--/commentPlugin-->
\ No newline at end of file

Revision 652018-10-15 - KojiNakamura

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 834 to 834
 [8:30]

triggerがかからなくなったので(run5566)OFF/ON->triggerがかからなかったのでconfigureしなおした->直った(run5568)

Added:
>
>
[10:40]

KEK53-5 400V 測定終了

tuningを1200,1800を準備する。バイアスは200Vに落とした。

 

Comments

<--/commentPlugin-->

Revision 642018-10-15 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 811 to 811
  mimosaがエラーを吐いてる。立ち上げ直してもダメ
Changed:
<
<
mimosaのHVがcurrent limitに引っかかり5V程度しかかかってなかった。OFF/ONで直った。
>
>
mimosaのLVがcurrent limitに引っかかり5V程度しかかかってなかった。OFF/ONで直った。
  [3:50]
Line: 824 to 824
 [4:40]

KEK53-5 200Vデータ取り始める

Added:
>
>
[7:45]

KEK53-5 200V測定終了

HV 400Vに変更

[8:30]

triggerがかからなくなったので(run5566)OFF/ON->triggerがかからなかったのでconfigureしなおした->直った(run5568)

 

Comments

<--/commentPlugin-->

Revision 632018-10-15 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 805 to 805
  KEK53-5を休ませる間350Vで測定を行う
Changed:
<
<
Comments
>
>
[3:10]
 
Changed:
<
<

<--/commentPlugin-->
>
>
trigger 発行されなくなる

mimosaがエラーを吐いてる。立ち上げ直してもダメ

mimosaのHVがcurrent limitに引っかかり5V程度しかかかってなかった。OFF/ONで直った。

[3:50]

ボタン操作を誤り、FREEモードにしてしまう。

[4:30]

パトロール権限を持つ人に来てもらい解決。

[4:40]

KEK53-5 200Vデータ取り始める

Comments

<--/commentPlugin-->

Revision 622018-10-15 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 791 to 791
 [17:30]

run5528 途中でevent buildされなくなりストップ -> mimosa err

Added:
>
>

15 Oct 2018

 
Changed:
<
<
Comments
>
>
[1:10]

KEK53-5 800V 10M Evとり終える

KEK53-10に接続

200Vではcorrelationが見れなかったのでHVを徐々に上げて測定

350Vからcorrelation見え始める

KEK53-5を休ませる間350Vで測定を行う

Comments

 
<--/commentPlugin-->
\ No newline at end of file

Revision 612018-10-14 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 665 to 665
  Online monitor のcorrelation vs timeのヒストグラムを追加
Changed:
<
<
RD53A のy軸とFEI4のx軸はピクセルサイズが5倍違うので見えなくて大丈夫
>
>
RD53A のy軸とFEI4のx軸はピクセルサイズが5倍違うので見えなくて大丈夫
  比べたときに一次関数の傾きが負の時はcorrelation vs timeは差を取るのではなくて和をとらなくてはいけないので
Line: 782 to 782
  KEK53-5 600Vで10Mに到達したのでbias voltageを800Vに変更
Changed:
<
<
GeoID69 (run5525)
>
>
GeoID69 (run5525)
  [14:29]

Revision 602018-10-14 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 788 to 788
  少し前から上流の人たちがアクセス(ここから15分)
Added:
>
>
[17:30]

run5528 途中でevent buildされなくなりストップ -> mimosa err

 Comments


<--/commentPlugin-->

Revision 592018-10-14 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 778 to 778
  上流の人たちがアクセス
Added:
>
>
[13:50]

KEK53-5 600Vで10Mに到達したのでbias voltageを800Vに変更

GeoID69 (run5525)

[14:29]

少し前から上流の人たちがアクセス(ここから15分)

 Comments


<--/commentPlugin-->

Revision 582018-10-14 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 766 to 766
  上流の人たちがアクセス
Added:
>
>
[10:30]

ファイルサイズを400MB->1GBに変更してrestart

[11:07]

Triggerがかからなくなったので(run5518)configをinitしてrerun->直った(run5520)

[11:38]

上流の人たちがアクセス

 Comments


<--/commentPlugin-->

Revision 572018-10-14 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 756 to 756
  KEK53-5 600Vのdata taking開始
Added:
>
>
[5:40]

event builtが途中で止まる

Run Control restart、configし直しでちゃんと走るようにはなった

[6:50]

上流の人たちがアクセス

 Comments


<--/commentPlugin-->

Revision 562018-10-14 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 744 to 744
 KEK53-8 yarrだけでrun start

KEK53-5 bdaqは1.6Mでpause

Added:
>
>

14 Oct 2018

[3:30]

KEK53-8 800V 10M 取り終え

BDAQに繋がっていたKEK53-5をYARRにつなぎ替えてthreshold 2400eにtuning

[4:08]

KEK53-5 600Vのdata taking開始

  Comments

Revision 552018-10-13 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 735 to 735
  UKのモジュールを抜いてrun
Added:
>
>
[21:40]

UKのbdaqが使えないそうなので53-5に繋いでいたbdaqをUKのモジュールにつなぐ

もう一つのbdaqも使えなくなった

KEK53-8 yarrだけでrun start

KEK53-5 bdaqは1.6Mでpause

 Comments


<--/commentPlugin-->
\ No newline at end of file

Revision 542018-10-13 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 731 to 731
  走らせようとしたらNIproducerが死んだ/Triggerに追いつかなかったので走らせ直した
Added:
>
>
[17:20]

UKのモジュールを抜いてrun

 Comments


<--/commentPlugin-->

Revision 532018-10-13 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 709 to 709
  run5439からVthreshold_LINを380から390に変える(2136e)
Changed:
<
<
-- Atlasj Silicon - 2018-09-19

Comments

>
>
[13:50]

600Vで10M取り終わったので800Vに変えた(KEK53-8)

[14:08]

bdaq2のcorrelationが見えない(run5444)ので止めた

bdaq1(KEK53-5)を追加したがEventBuildが少ない?(run5445)

YarrのHitMapが変だったのでYarrproducerの出力を見たらEvent not validが多く出ていた。low vol.を切って入れたらEventBuildがTriggerに追いついた(run5448)

bdaq1のcorrelationは見えたけれどノイズが多くてcorrealationvsTimeが見えなかったのでmaskをするためにstop(run5448)

scannoiseoccupancy_diffをやってmaskした->correlationvsTimeはみえるようになった

[15:15]

bdaq1を増やしたので10分たたずに400Mに達するようになった。->1Gにconfig fileを変更

走らせようとしたらNIproducerが死んだ/Triggerに追いつかなかったので走らせ直した

Comments

 
<--/commentPlugin-->

Revision 522018-10-13 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 637 to 637
  PC polarity Issue fixed, restarting PC
Added:
>
>
[8:09]

UKのモジュールのlinear FEの左側のヒットが見えないので移動させる

run5409の途中でstopして

5と7のうちcom 7をhorizontalにしてforwardに3mm動かした->方向違った

3mm戻して、5と7を逆にしてforwardに3mm動かした->直った

run5415からgreen

[8:52]

BDAQのtuningを開始(KEK53-5_2400のtuning fileを作成する)

夜シフトの人からの引き継ぎでthreshold scanができない(データが空)との問題があった

原因はpixel TDACの値が詰まったh5ファイルの値がおかしかったらしい(TDAC mask from file: *_mask.h5)

のでこのpixel maskのfileを読み込まないでthreshold scanをしたら上手くいった

同様にtuning のscriptもTDAC maskを読まないようにして実行->うまくいったけど最後にcrashした

[10:16]

Online monitor のcorrelation vs timeのヒストグラムを追加

RD53A のy軸とFEI4のx軸はピクセルサイズが5倍違うので見えなくて大丈夫

比べたときに一次関数の傾きが負の時はcorrelation vs timeは差を取るのではなくて和をとらなくてはいけないので

そのプロット(XnとかXYnとかいうやつ)を追加

[10:30]

bdaq1も入れてdata takingを開始しようとする

がtriggerが発行されない

[10:43]

アクセスしてTLU Portを挿し直すがtriggerは発行されない

[10:57]

bdaq1を外して走らせようとするが同様にtriggerが発行されない

->bdaqのPC (testbeamuser) のディスクがフルになっていた

とりあえずbdaq53_octoberを削除

[11:20]

run5431からbdaqひとつのみでdata taking再開

bdaq1の方はthresholdをチューニングしなおし

[11:37]

bdaq2のcorrelationが消えたのでrun5432をstop

走らせ直したらcorrealation見えた(run5433)

とりあえずbdaq53_previousをtbdaqpc01に避難させてディスクを空けた

[12:27]

UKの人たちがthresholdを変えてといったので変える

run5439からVthreshold_LINを380から390に変える(2136e)

 -- Atlasj Silicon - 2018-09-19

Comments

Revision 512018-10-13 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 619 to 619
  GeoID 66
Added:
>
>
[3:30]

PC polarity再発

[4:10]

ビームの形が変わる

run5392~5394はバイアス構造有りの部分にほとんどビームが当たっていない(特にrun5393)

[4:51]

PC polarity Issue fixed soon

[4:57]

PC polarity Issue fixed, restarting PC

 -- Atlasj Silicon - 2018-09-19

Comments

Revision 502018-10-13 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 607 to 607
 run5365 ビーム元に戻った

13 Oct 2018

Added:
>
>
[0:00]

KEK53-8 400V開始

[2:20]

KEK53-8 600V開始

UK コンフィング変更

GeoID 66

 -- Atlasj Silicon - 2018-09-19

Comments

Revision 492018-10-12 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 605 to 605
 run 5363 5364 ビーム細い

run5365 ビーム元に戻った

Added:
>
>

13 Oct 2018

  -- Atlasj Silicon - 2018-09-19

Comments

Revision 482018-10-12 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 598 to 598
  KEK53-8 200V run start
Added:
>
>
[23:00]

ここ2時間くらいビームが出たり止まったり

run 5363 5364 ビーム細い

run5365 ビーム元に戻った

 -- Atlasj Silicon - 2018-09-19

Comments

Revision 472018-10-12 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 364 to 364
  set up
Changed:
<
<
上流からKEK53-5 -> 53-10 ->53-8
>
>
上流からKEK53-5 -> 53-10 ->53-8 ->UK
  LV
ch. Sensor
Line: 517 to 517
  threshold scanの結果がおかしくなっている。バンプのついているピクセルのノイズが10000~、thresholdも高い
Deleted:
<
<
-- Atlasj Silicon - 2018-09-19
 [8:19]

300Vtest2 -52℃  -33microA

Line: 595 to 593
 基本的にはyarrでデータとる

余裕があればbdaqも

Added:
>
>
[19:20]

KEK53-8 200V run start

-- Atlasj Silicon - 2018-09-19

 

Comments


<--/commentPlugin-->

Revision 462018-10-12 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 561 to 561
  そしてcorrelationが見えない(KEK53-8)
Changed:
<
<
ビームを調整してもらう
>
>
ビームを調整してもらう(intensityちょい高め)
  アクセスしてモジュールをKEK53-10に代える
Line: 576 to 576
 ビームはまだない

high vol.とlow vol.をゼロにして、温度を25.0に設定。アクセスしてnitrogenのレバーを5度くらい緩めた

Added:
>
>
[15:30]

set up変更

上流からKEK53-10 -> 53-8 -> 53-5 ->UK ->UK

Sensor LV ch. HV ch. daq
53-10 2,3 - -
53-8 4,5 2 yarr
53-5 texio 1 bdaq
HVケーブルにラベリング-> 必要なものをHV ch.1,2のHV protection circuitで付け替える

cooling box -60℃に設定

KEK53-8 200Vからスタート予定

基本的にはyarrでデータとる

余裕があればbdaqも

 

Comments


<--/commentPlugin-->

Revision 452018-10-12 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 560 to 560
 ビームが集中してしまっていて、RD53Aの全体に均一に当たらなくなったのでビームをy方向に広げてもらいたいと要請中

そしてcorrelationが見えない(KEK53-8)

Added:
>
>
ビームを調整してもらう

アクセスしてモジュールをKEK53-10に代える

ビーム範囲が広くなったのを確認

[13:00]

13:00からビームがない

[14:30]

ビームはまだない

high vol.とlow vol.をゼロにして、温度を25.0に設定。アクセスしてnitrogenのレバーを5度くらい緩めた

 

Comments


<--/commentPlugin-->

Revision 442018-10-12 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 547 to 547
  300Vでとることにする(run5332から)
Changed:
<
<
[10:]
>
>
[10:20]
 
Changed:
<
<
ここでビームストップ
>
>
ここでビームストップしたのでアクセス

2つ目のモジュール(KEK53-8)をチューニング

[11:25]

ビームを60GeVから戻す作業が完了したと聞いて、datataking開始

ビームが集中してしまっていて、RD53Aの全体に均一に当たらなくなったのでビームをy方向に広げてもらいたいと要請中

そしてcorrelationが見えない(KEK53-8)

 

Comments


<--/commentPlugin-->

Revision 432018-10-12 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 503 to 503
  UKのチューニングが終わったため測定を再開。
Added:
>
>
[7:00]

600V 10M Evとり終える

事後測定 dig 570 ana 571 thre 572 tot 573

KEK53-10 HV 800に変更

800V事前測定 dig 574 ana 575 thre 582 tot 583

800Vではカレントがどんどん上がっていくため750Vに設定

threshold scanの結果がおかしくなっている。バンプのついているピクセルのノイズが10000~、thresholdも高い

 -- Atlasj Silicon - 2018-09-19
Added:
>
>
[8:19]

300Vtest2 -52℃  -33microA

700Vtest -52℃ 199microA

700Vでscanしたらthreshold scanでbumpがついているところのthresholdがとんでたので200Vでとる

200Vtest -9.8microA

[8:54]

KEKモジュールのcorrelationが見えないのでrerun->5323から

maskしなおしてみる

200V->400Vにあげてみる

[9:34]

correlationが見えた

ので300Vに下げる->見えた

ので200Vに下げる->見えない

300Vでとることにする(run5332から)

[10:]

ここでビームストップ

 

Comments


<--/commentPlugin-->

Revision 422018-10-11 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 496 to 496
  runを止める
Changed:
<
<
UKグループのチューニングを変え、configを変更
>
>
UKグループのチューニングを行う

12 Oct 2018

[0:00]

UKのチューニングが終わったため測定を再開。

  -- Atlasj Silicon - 2018-09-19

Comments

Revision 412018-10-11 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 492 to 492
  ビーム復活
Added:
>
>
[23:00]

runを止める

UKグループのチューニングを変え、configを変更

 -- Atlasj Silicon - 2018-09-19

Comments

Revision 402018-10-11 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 480 to 480
 
  1. LV on
  2. LVケーブルを挿す(dig低すぎるならもう一回)
Added:
>
>
[20:45]

5分アクセス by 上流

[20:50]

beam stop

[21:08]

ビーム復活

 -- Atlasj Silicon - 2018-09-19

Comments

Revision 392018-10-11 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 464 to 464
  refarenceのHV offになってる
Added:
>
>
[17:20]

ビーム復活

bdaqでerr

UKの人たちがアクセス

[18:50]

UKのモジュールがダメになった時の対処

  1. LV off
  2. LVケーブル(2のダグがついたケーブル)を抜く
  3. LV on
  4. LVケーブルを挿す(dig低すぎるならもう一回)
 -- Atlasj Silicon - 2018-09-19

Comments

Revision 382018-10-11 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 424 to 424
  threshold2400eではコリレーションが確認できたため2400eで測定tot scan 000545,threshold scan 000544
Deleted:
<
<
-- Atlasj Silicon - 2018-09-19
 [8:00]

アライメントを修正

Line: 454 to 452
  totscan 00056.
Added:
>
>
※runplanにscanのrunnumber記入項目を追加。

[14:40]

bdaqが上手く動かなくて一旦PCをrebootしたら直った

ビーム待ち

[16:00]

refarenceのHV offになってる

-- Atlasj Silicon - 2018-09-19

 

Comments


<--/commentPlugin-->

Revision 372018-10-11 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 426 to 426
  -- Atlasj Silicon - 2018-09-19
Added:
>
>
[8:00]

アライメントを修正

[11:25]

5分accessしたいと言われた

[11:40]

走らせ直した

[12:57]

アクセス

[13:23]

before 600V scan

digitalscan 000557

analogscan 000558

thresholdscan 000560

totscan 00056.

 

Comments


<--/commentPlugin-->

Revision 362018-10-11 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 366 to 366
  上流からKEK53-5 -> 53-10 ->53-8
Changed:
<
<
LV
>
>
LV
 
ch. Sensor
0 UK
1
Line: 375 to 375
 
4 KEK53-8
5
Changed:
<
<
HV
>
>
HV
 
ch. Sensor
0 UK
1 KEK53-10
Line: 394 to 394
 config file

KEK-10 diff 1200e number:479

Added:
>
>

11 Oct 2018

  [0:00]
Line: 403 to 404
  MPI boxのvertical方向が動かない→STOPとerror resetを何回か押すと動かせるようになる時がある?
Added:
>
>
[3:00]

KEK53-10のコリレーションが見える

なぜかセンサー中心付近にヒットが見えない

450V付近で100uAカレントがある

恒温槽内は-50度

[5:00]

KEK53-10 400V threshold 2000eにして走らせるがコリレーションが見えない

Receive data not validのせい?

scan が始まる前にReceive data not validがでるとコリレーションが見れない

threshold2400eではコリレーションが確認できたため2400eで測定tot scan 000545,threshold scan 000544

 -- Atlasj Silicon - 2018-09-19

Comments

Revision 352018-10-10 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 174 to 174
  [23:00]
Changed:
<
<
位置調整 ステージを x->-30mm, y->+10mm(RD53A は x-> +35mm, y-> -10mm)
>
>
位置調整 ステージを x->-30mm, y->+10mm(RD53A は x-> +35mm, y-> -10mm)
 

1 Oct 2018

[3:00]

Line: 325 to 325
  [11:00]
Changed:
<
<
H6A beam areaにYARR+HSIO2をsetup tbdaqpc01(game pc) IP:192.168.4.20
>
>
H6A beam areaにYARR+HSIO2をsetup tbdaqpc01(game pc) IP:192.168.4.20
 
Changed:
<
<
HSIO2はrefernceのみ繋がっている→KEK92
>
>
HSIO2はrefernceのみ繋がっている→KEK94
  YARRにはKEK53-14が繋がっている
Line: 380 to 380
 
0 UK
1 KEK53-10
2 KEK53-8
Changed:
<
<
3 reference
>
>
3 reference(KEK94)
 KEK53-5 HVコネクタついてない setupから外した

53-10->bdaq , 53-8->yarr

Line: 395 to 395
  KEK-10 diff 1200e number:479
Added:
>
>
[0:00]

th 1200eだとnoisyなので高thresholdに設定

ビームのアライメント開始

MPI boxのvertical方向が動かない→STOPとerror resetを何回か押すと動かせるようになる時がある?

 -- Atlasj Silicon - 2018-09-19

Comments

Revision 342018-10-10 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 385 to 385
  53-10->bdaq , 53-8->yarr
Added:
>
>
[23:00]

change!

53-10->yarr , 53-8->bdaq

config file

KEK-10 diff 1200e number:479

 -- Atlasj Silicon - 2018-09-19

Comments

Revision 332018-10-10 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 362 to 362
  [15:00]
Deleted:
<
<
Yarr1つで3枚を順番にとる
 set up

上流からKEK53-5 -> 53-10 ->53-8

Line: 383 to 380
 
0 UK
1 KEK53-10
2 KEK53-8
Changed:
<
<
>
>
3 reference
 KEK53-5 HVコネクタついてない setupから外した
Added:
>
>
53-10->bdaq , 53-8->yarr
 -- Atlasj Silicon - 2018-09-19

Comments

Revision 322018-10-10 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 336 to 336
  [10:00]
Changed:
<
<
RD53a irrad tune(in 恒温槽-30℃)
>
>
RD53a irrad tune Yarr @ 恒温槽-30℃
  KEK53-5
Line: 360 to 360
  bdaq test
Added:
>
>
[15:00]

Yarr1つで3枚を順番にとる

set up

上流からKEK53-5 -> 53-10 ->53-8

LV

ch. Sensor
0 UK
1
2 KEK53-10
3
4 KEK53-8
5

HV

ch. Sensor
0 UK
1 KEK53-10
2 KEK53-8

KEK53-5 HVコネクタついてない setupから外した

 -- Atlasj Silicon - 2018-09-19

Comments

Revision 312018-10-10 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 356 to 356
  ana->1.33V,0.23A , dig->1.34V,0.16A
Added:
>
>
[14:00]

bdaq test

 -- Atlasj Silicon - 2018-09-19

Comments

Revision 302018-10-10 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 332 to 332
 YARRにはKEK53-14が繋がっている

kekatlaspc9は中村さんオフィスに移動 それに伴い、他のmodule、TEXIO1台等RD53Aのtestができる環境にsetup

Added:
>
>

10 Oct 2018

[10:00]

RD53a irrad tune(in 恒温槽-30℃)

KEK53-5

th. 1200e diff only KEK53-5 164(マスク後167)

ana->1.3V,0.22A , dig->1.3V,0.16A

KEK53-10

th.1200e diff onlyKEK53-10 201(マスク後204)

ana->1.3V,0.21A , dig->1.3V,0.17A

KEK53-8

th. 1200e diff only KEK53-8 241(マスク後246)

ana->1.33V,0.23A , dig->1.34V,0.16A

  -- Atlasj Silicon - 2018-09-19

Revision 292018-10-05 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 160 to 160
  〇KC705について
Changed:
<
<
kekpc9に入っていたVivado2016.2にKC705ボードが入っていなかったのでroot権限でVivadoのHelp->Add Design Tools or Devices...からupdateしてKC705を入れた
>
>
kekatlaspc9に入っていたVivado2016.2にKC705ボードが入っていなかったのでroot権限でVivadoのHelp->Add Design Tools or Devices...からupdateしてKC705を入れた
 
Changed:
<
<
コンパイルしようとしたらkekpc9ではrun synthesisでvalid licenseがないとerrorを吐かれた。Help->Manage Liense...をみるとHost MatchがNoになっていて、
>
>
コンパイルしようとしたらkekatlaspc9ではrun synthesisでvalid licenseがないとerrorを吐かれた。Help->Manage Liense...をみるとHost MatchがNoになっていて、
  Host IDが正しく認識されていなかったらしい(Host IDはMac address)ので、修正

->ライセンスはNICのホストIDで紐つけていて、CentOS7の場合デフォルトのNIC名がeth0, eth1, ではなくて、enp~という名前になるため、

Changed:
<
<
  ethernetのポートネームを解決できないのが原因らしい。(<a href="https://japan.xilinx.com/support/answers/60510.html" rel="nofollow noopener" target="_blank">https://japan.xilinx.com/support/answers/60510.html</a>)
>
>
  ethernetのポートネームを解決できないのが原因らしい。(https://japan.xilinx.com/support/answers/60510.html)
  -> https://qiita.com/SirWords/items/fdd7729d3804142b88f4 を参考にNIC名を変更したら解決した

Revision 282018-10-03 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 317 to 317
  KEK53-13 10VでCorrelationvstimeが途中で切れる現象が発生。
Added:
>
>
[8:00]

MDのためno beam

9:00にCMSの人たちがsetupしに来るのでその前に撤収作業

[11:00]

H6A beam areaにYARR+HSIO2をsetup tbdaqpc01(game pc) IP:192.168.4.20

HSIO2はrefernceのみ繋がっている→KEK92

YARRにはKEK53-14が繋がっている

kekatlaspc9は中村さんオフィスに移動 それに伴い、他のmodule、TEXIO1台等RD53Aのtestができる環境にsetup

 -- Atlasj Silicon - 2018-09-19

Comments

Revision 272018-10-03 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 307 to 307
  batch5
Added:
>
>
ビームとまる PS issue

[7:00]

ビーム出る

[7:30]

KEK53-13 10VでCorrelationvstimeが途中で切れる現象が発生。

 -- Atlasj Silicon - 2018-09-19

Comments

Revision 262018-10-03 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 293 to 293
  ビーム復活 run start
Added:
>
>
[4:00]

KEK53-14 -> KEK53-6に付け替え

batch4

[5:20]

KEK53-6 ->KEK53-13に付け替え

KEK142,132 angle 9->0

batch5

 -- Atlasj Silicon - 2018-09-19

Comments

Revision 252018-10-03 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 287 to 287
 [17:07]

no beam(PS Access for 1H)

Added:
>
>

3 Oct 2018

[0:30]

ビーム復活 run start

  -- Atlasj Silicon - 2018-09-19

Revision 242018-10-02 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 268 to 268
  IRRADモジュール 生存確認
Changed:
<
<
KEK53-10 Direct 1.2Vではうまく動かないため1.3Vで動作確認
>
>
KEK53-5,10 Direct 1.2Vではうまく動かないため1.3Vで動作確認

デジタルスキャン、アナログスキャン、Thresholdスキャン問題なし。

事前試験と同じ程度応答ある。

KEK53-8はLDOでもDirectでも動かない。

  [14:30]

Revision 232018-10-02 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 168 to 168
  ->ライセンスはNICのホストIDで紐つけていて、CentOS7の場合デフォルトのNIC名がeth0, eth1, ではなくて、enp~という名前になるため、
Changed:
<
<
  ethernetのポートネームを解決できないのが原因らしい。(https://japan.xilinx.com/support/answers/60510.html)
>
>
  ethernetのポートネームを解決できないのが原因らしい。(<a href="https://japan.xilinx.com/support/answers/60510.html" rel="nofollow noopener" target="_blank">https://japan.xilinx.com/support/answers/60510.html</a>)
  -> https://qiita.com/SirWords/items/fdd7729d3804142b88f4 を参考にNIC名を変更したら解決した
Line: 274 to 274
  KEK142, KEK132のconfigを10ToTに変更→batch 3
Added:
>
>
[16:30]

KEK53-15をKEK53-14付け替え

[17:07]

no beam(PS Access for 1H)

 -- Atlasj Silicon - 2018-09-19

Comments

Revision 222018-10-02 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 270 to 270
  KEK53-10 Direct 1.2Vではうまく動かないため1.3Vで動作確認
Added:
>
>
[14:30]

KEK142, KEK132のconfigを10ToTに変更→batch 3

 -- Atlasj Silicon - 2018-09-19

Comments

Revision 212018-10-02 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 266 to 266
  KEK132,142 angle 10->9
Added:
>
>
IRRADモジュール 生存確認

KEK53-10 Direct 1.2Vではうまく動かないため1.3Vで動作確認

 -- Atlasj Silicon - 2018-09-19

Comments

Revision 202018-10-02 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 233 to 233
  run stop
Changed:
<
<
KEK132, 142を5ke 7ToTに変更
>
>
KEK132, 142を5ke 7ToTに変更->batch2
  [23:00]
Line: 242 to 242
  [0:00]
Changed:
<
<
run start bach2
>
>
run start batch2
  [3:00]
Line: 262 to 262
  ビーム出る
Added:
>
>
[6:30]

KEK132,142 angle 10->9

 -- Atlasj Silicon - 2018-09-19

Comments

Revision 192018-10-02 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 233 to 233
  run stop
Changed:
<
<
KEK132, 142を5ke 7ToT
>
>
KEK132, 142を5ke 7ToTに変更
  [23:00]
Line: 244 to 244
  run start bach2
Added:
>
>
[3:00]

KEK53-14->53-15に付け替え

LV->ch3,ch4 , HV->ch0

53-13はスペースが足りなくてLVさせないので外した

KEK53-13 5V run start

[3:37]

ビームとまる

[3:45]

ビーム出る

 -- Atlasj Silicon - 2018-09-19

Comments

Revision 182018-10-01 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 231 to 231
  KEK53-14, 100V途中ビームとまる
Added:
>
>
run stop

KEK132, 142を5ke 7ToT

[23:00]

ビーム出る

2 Oct 2018

[0:00]

run start bach2

 -- Atlasj Silicon - 2018-09-19

Comments

Revision 172018-10-01 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 227 to 227
  の順で、KEK53-15は低いbiasから
Added:
>
>
[21:30]

KEK53-14, 100V途中ビームとまる

 -- Atlasj Silicon - 2018-09-19

Comments

Revision 162018-10-01 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 166 to 166
  Host IDが正しく認識されていなかったらしい(Host IDはMac address)ので、修正
Changed:
<
<
->
>
>
->ライセンスはNICのホストIDで紐つけていて、CentOS7の場合デフォルトのNIC名がeth0, eth1, ではなくて、enp~という名前になるため、

  ethernetのポートネームを解決できないのが原因らしい。(https://japan.xilinx.com/support/answers/60510.html)

-> https://qiita.com/SirWords/items/fdd7729d3804142b88f4 を参考にNIC名を変更したら解決した

  [23:00]

Revision 152018-10-01 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 138 to 138
  ->手動で調節
Changed:
<
<
 目視でRD53Aモジュールの中央とテレスコープに書いてある線を合わせてステージの位置を調節。ステージのlimitがかからない位置にモジュールのネジ位置を3つ分平行移動させた
>
>
 目視でRD53Aモジュールの中央とテレスコープ?に書いてある線を合わせてステージの位置を調節。ステージのlimitがかからない位置にモジュールのネジ位置を3つ分平行移動させた
   ステージは移動してこないようにスペーサー?と2mmのアルミ板を積んで調節した。ビームの上流側からみて右に2mmステージを移動したければ
Line: 217 to 217
  data taking始め
Added:
>
>
KEK53-14は

70V→5V→10V→20V→50V→100V

の順で、KEK53-15は低いbiasから

 -- Atlasj Silicon - 2018-09-19

Comments

Revision 142018-10-01 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 158 to 158
  online monitorが見れない
Added:
>
>
〇KC705について

kekpc9に入っていたVivado2016.2にKC705ボードが入っていなかったのでroot権限でVivadoのHelp->Add Design Tools or Devices...からupdateしてKC705を入れた

コンパイルしようとしたらkekpc9ではrun synthesisでvalid licenseがないとerrorを吐かれた。Help->Manage Liense...をみるとHost MatchがNoになっていて、

Host IDが正しく認識されていなかったらしい(Host IDはMac address)ので、修正

->

 [23:00]

位置調整 ステージを x->-30mm, y->+10mm(RD53A は x-> +35mm, y-> -10mm)

Revision 132018-10-01 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Changed:
<
<

>
>
>>>>> RD53A testing at kek log<<<<<
 
Added:
>
>

 

19 Sep 2018

テストビーム準備。荷物分担決め。

Line: 143 to 144
   アルミ板を1枚追加、上に2mm動かしたければ1枚追加、という操作ができる状態
Deleted:
<
<
 
 〇YARR

KEK53-14のtuningを開始

Line: 166 to 165
  [3:00]
Changed:
<
<
KEK53-14のcorrelation見えない(th 2000,2500,4000e)
>
>
KEK53-14のcorrelation見えない(th. 2000,2500,4000e)
  4000eでdig/ana maskかける->見えたり消えたり
Line: 174 to 173
  4000eでmaskを複数回かける->correlation安定して見えるようになってきた
Added:
>
>
th.下げると見えない

とぎれとぎれのコリレーションがみえた run 2553

使用config

number 134 (2000e)

number 146 (2500e)

number 213 (4000e)

[8:30]

使っていたYarrProducerのbranchがmasterのままだった→これのせいでcorrelation見えなかった?

devel branchにcheckoutして走らせてみる

→evnet buildが進まないのにYarrがgot eventしている謎

アクセスして同じ電源タップから電源を取るようにした

tel, HSIO2のみで走らせるとerrorが返ってくる←refのみのconfig fileだから?

さっきのアクセスでrefの電源(TEXIO)を入れ忘れていたので電源onしにアクセス

新しくYarrProducerをgit cloneして走らせてみる→event buildされず

[9:24]

correlation見えた!!!!!!!!!!!!!!

data taking始め

 -- Atlasj Silicon - 2018-09-19

Comments

Revision 122018-10-01 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 166 to 166
  [3:00]
Changed:
<
<
KEK53-14のcorreation見えない(th 2000,2500,4000e)
>
>
KEK53-14のcorrelation見えない(th 2000,2500,4000e)
  4000eでdig/ana maskかける->見えたり消えたり
Added:
>
>
[7:00]

4000eでmaskを複数回かける->correlation安定して見えるようになってきた

 -- Atlasj Silicon - 2018-09-19

Comments

Revision 112018-10-01 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 162 to 162
 [23:00]

位置調整 ステージを x->-30mm, y->+10mm(RD53Aは x-> +35mm, y-> -10mm)

Added:
>
>

1 Oct 2018

[3:00]

KEK53-14のcorreation見えない(th 2000,2500,4000e)

4000eでdig/ana maskかける->見えたり消えたり

  -- Atlasj Silicon - 2018-09-19

Revision 102018-09-30 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 161 to 161
  [23:00]
Changed:
<
<
位置調整 ステージを x->-30mm, y->+10mm
>
>
位置調整 ステージを x->-30mm, y->+10mm(RD53Aは x-> +35mm, y-> -10mm)
  -- Atlasj Silicon - 2018-09-19

Revision 92018-09-30 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 159 to 159
  online monitorが見れない
Added:
>
>
[23:00]

位置調整 ステージを x->-30mm, y->+10mm

 -- Atlasj Silicon - 2018-09-19

Comments

Revision 82018-09-30 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 101 to 101
  [17:00]
Changed:
<
<
・Flexが動かない->マンシェスターエンコーディングの問題だった。
>
>
・Flexが動かない->マンチェスターエンコーディングの問題だった。

 <...>/rce/pixelrce/server/CalibGui.ccと<...>/rce/pixelrce/server/CosmicGui.ccにそれぞれ

 fw.setEncoding(rce,FWRegisters::MANCHESTER);

 の1行を追加、makeして再実行

 H6B が様変わりしていることに気づく。(前任者が変えた模様)
Line: 123 to 129
  HSIO2でFEI4 tuning, YARRでRD53A tuning, Stage修復に分かれて行動
Added:
>
>
〇ステージについて

 PI(ステージのコントローラ)がコントロールできない。コントローラデバイスはx軸とy軸で2つあって、521と511

アドレスを16と7にして、コントローラデバイスの電源の接触をちゃんとしたら2つとも認識はされるが、servo OFFになってしまってダメ(Setup startをするとError 1024かError 5が出て、position errorが大きすぎてservo offにしたなどと言われる)

->手動で調節

 目視でRD53Aモジュールの中央とテレスコープに書いてある線を合わせてステージの位置を調節。ステージのlimitがかからない位置にモジュールのネジ位置を3つ分平行移動させた

 ステージは移動してこないようにスペーサー?と2mmのアルミ板を積んで調節した。ビームの上流側からみて右に2mmステージを移動したければ

 アルミ板を1枚追加、上に2mm動かしたければ1枚追加、という操作ができる状態

 

 〇YARR
Changed:
<
<
・tune diff only target threshold : 1200e ->data# 93
>
>
KEK53-14のtuningを開始

diff FEのみのtuning : target threshold 1200e ->data# 93

  apply analog mask ->data# 95

Revision 72018-09-30 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 109 to 109
  ビームラインに各センサーを設置
Changed:
<
<
上流から、RD53A KEK53-14, FEI4 Flex KEK142, FEI4 Flex KEK132, FEI4 Ref. KEK
>
>
上流から、RD53A KEK53-14, FEI4 Flex KEK142, FEI4 Flex KEK132, FEI4 Ref. KEK82
  HV ch.
ch. sensor
0 KEK53-14
1 KEK142
2 KEK132
Changed:
<
<
3 KEK
>
>
3 KEK82
 

30 Sep 2018

[10:30]

HSIO2でFEI4 tuning, YARRでRD53A tuning, Stage修復に分かれて行動

Changed:
<
<

YARR

>
>
〇YARR
  ・tune diff only target threshold : 1200e ->data# 93

apply analog mask ->data# 95

Added:
>
>
[16:30]

KEK53-14, KEK142, KEK132をincludeしてビームトリガーで動かしてみる

online monitorが見れない

 -- Atlasj Silicon - 2018-09-19

Comments

Revision 62018-09-30 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 122 to 122
 [10:30]

HSIO2でFEI4 tuning, YARRでRD53A tuning, Stage修復に分かれて行動

Added:
>
>

YARR

・tune diff only target threshold : 1200e ->data# 93

apply analog mask ->data# 95

  -- Atlasj Silicon - 2018-09-19

Revision 52018-09-30 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 108 to 107
  ・pcを一つcent os にするが、yarrを動かしてみるがcpuの関係で遅い。(使う?)
Added:
>
>
ビームラインに各センサーを設置

上流から、RD53A KEK53-14, FEI4 Flex KEK142, FEI4 Flex KEK132, FEI4 Ref. KEK

HV ch.

ch. sensor
0 KEK53-14
1 KEK142
2 KEK132
3 KEK

30 Sep 2018

[10:30]

HSIO2でFEI4 tuning, YARRでRD53A tuning, Stage修復に分かれて行動

 -- Atlasj Silicon - 2018-09-19

Comments

Revision 42018-09-29 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 70 to 70
 

29 Sep 2018

Added:
>
>
[9:00]

meeting

<beam>

1 Yarr      +HSIO2

KEK14,15(だーはら)

Flex 10傾け(なる)

+HV scan 5V 10V

+KC705(藤本)

<Controll room>

irradmoduleの生存確認+ノイズ理解(うっちー)

texio controll(うっちー)

BDAQ RD53(John)

以上を土日に行うことを決定。

[9:15]

ビーム後、セットアップを開始。

[17:00]

・Flexが動かない->マンシェスターエンコーディングの問題だった。

H6B が様変わりしていることに気づく。(前任者が変えた模様)

・pcを一つcent os にするが、yarrを動かしてみるがcpuの関係で遅い。(使う?)

 -- Atlasj Silicon - 2018-09-19

Comments

Revision 32018-09-26 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Line: 53 to 53
 8.クロストーク(ビームタイムのない週)

9.SEU(計算上時間がかかる。難しい? ビームのない週)

Added:
>
>

26 Sep 2018

Lin FE tuning

場所 lxatut /data/data8/zp/yunakamu/2018_Oct_cern/data.tar

使用モジュール:KEK53-4
基本的にデフォルトのconfigでok。Vthを下げるとthresholdも下がりやすくなるが、バイアス構造部分が返らなくなる。(Vth 360 が限界)
1500e以下はいきなりtuningできないので2000eにglobal tuneしたあとで1200e
にするとよい。しかし、1200eにtuneできていないのもいる。
※HVを1Vでもかけるとtuneしやすい。これが正しいかどうかは要確認

以下、configの番号のみのせる。

1200e
global: 51
threshold : 52
pixel : 53
threshold : 54

2000e
global : 267
threshold : 268
pixel : 269
threshold : 270

4000e
global : 13
threshold : 14
pixel : 15
threshold : 16

 

29 Sep 2018

Revision 22018-09-25 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="Oct2018CERNTestbeam"

Oct 2018 CERN TB log

Changed:
<
<
>
>

19 Sep 2018

テストビーム準備。荷物分担決め。

KEK53-4->Jhon

KEK53-6->藤本

Run Plan

 始めの週はmalti module をハンドリングできるように頑張る/KC705でデータ取得できるようにする、が目標。

 完了次第できそうなrun planを消化していく。

1.irrad module 3枚 (最終週)

HV scan 200V,400V,600V(10M),800V(10M)

2.新デフォルトv1

※v2が10/1にKEKに到着。外川さんに頼んでワイヤーボンディングのちcernへ。最終週testbeam可能?

HV scan 5V,10V,20V,50V,70V(他より多く),100V

3.前回のモジュールKEK53-4,6,7,13

HV scan 5V, 20V

4.ToT scan

ToT を変えてtunningしたconfigによるデータ取得。tot 10,5に合わせたもの?

5.斜め入射

・10傾けた場合

・80傾けた場合

 などなど

6.threshold scan

1200e,2500e,4000e syn/lin/diffそれぞれで。

7.FEI4 Flex の傾きによる位置分解の調査(初めの週の土日)

8.クロストーク(ビームタイムのない週)

9.SEU(計算上時間がかかる。難しい? ビームのない週)

 

29 Sep 2018

-- Atlasj Silicon - 2018-09-19

Comments

Deleted:
<
<
<--/commentPlugin-->
 \ No newline at end of file
Added:
>
>

<--/commentPlugin-->
 
This site is powered by the TWiki collaboration platform Powered by PerlCopyright © 2008-2022 by the contributing authors. All material on this collaboration platform is the property of the contributing authors.
Ideas, requests, problems regarding TWiki? Send feedback