Difference: Dec2016TestbeamLog (31 vs. 32)

Revision 322016-12-21 - AtlasjSilicon

Line: 1 to 1
 
META TOPICPARENT name="FermilabTestbeam"

Dec2016 FNAL Test Beam Log

Line: 366 to 366
 

TLU

HSIO

SVX

Added:
>
>
  • SVX4の読み出しに使っているSEABAS2のEEPROMの中のMACアドレスを変更した。
    MAC ADDRESS : 7C:F0:98:01:08:DE
    IP ADDRESS : 192.168.7.20 (temporary)
    TCP Data Port : 24
    UDP Port : 4660
  • SCTJDAQ SoftwareのIPアドレスの部分だけを変更してコンパイルしても、Iinitializeはできるがconfigを通そうとするあたりで通信先を見失う。
    しばらく待つとsegmentation fault。 ログ
    とりあえずこの件は保留。
    他にもEEPROMの設定値を設定し直さないといけないのかもしれない。TCP command Port番号が65535のままとかが悪さをしている?
    ソースコードを調べないとわからない。保留。
  • DAQは、SEABAS2とDAQ PCを直接繋いでデータを取ることにする。
  • SCTJDAQのRUN NUMBERの出力先の変更
    (sctjdaq/gui/sctgui.pyの中で設定します。DAQはpythonスクリプトを走らせるだけなのでコンパイルは不要。)
    変更前 : sctjdaq/gui/run_number.txt
    変更後 : //media/SVX_TELE/svx_data/data/run_number.txt
  • SVXのDAQの流れ
    1.DAQの立ち上げ
    2.configファイルの読み込み
    3.setupボタンを押す(initialize)
    4.statusに全てLOADEDが表示されていることを確認する。DEAD, Noneが出たらプロセスが走っていないか通信ができていない。
    5.configボタンを押す
    6.statusが全てCONFIGUREDになっていることを確認する。
    7.startボタンを押すことでDAQがスタート。statusがRUNNINGになっていることを確認する。最初のトリガーが来るまではEvent NumberとData Rateが変な値を表示しているがこれは仕様。run_numberはこの時点で+1増える。
    8.stopボタンを押すとDAQがストップ。
    9.この後もう一度startボタンを押すとDAQが走るかに思えるが、なぜかバグる仕様。Kill DAQボタンを押して3に戻ってください。
 

12/21

Changed:
<
<
片付け予定日
>
>
片付け予定日
午前中、β線源を当ててヒットマップを見てみるテスト。タイミングスキャンも。
午後、片付け、何を持って帰るか決める。
 
Changed:
<
<
午前中、β線源を当ててヒットマップを見てみるテスト。タイミングスキャンも。
>
>
Run_number = 000017 / Start : 20:14 20/12/2016 / Stop : 09:20 21/12/2016
 
Changed:
<
<
午後、片付け、何を持って帰るか決める。
>
>
TLU Ev_Num = 46672186
  Run Number Event Number
SPEC 154 46672251
SVX 25 46672266
HSIO2 101 46672271
Run_number = 000022 / 11時頃 21/12/2016

TLU Ev_Num =

  Run Number Event Number
SPEC    
SVX    
HSIO2    
Comment:全てタイミングスキャンなし。FE65にβ線源(Sr90)を当てた場合。ヒットっぽいものが見えた。

Run_number = 000023 / 11時頃 21/12/2016

TLU Ev_Num =

  Run Number Event Number
SPEC    
SVX 30 38983
HSIO2 106 39012
Comment:
シンチのみにβ線源(Sr90)を当てた場合。ヒットっぽいものが見えた。
FE65以外はビームでのタイミングスキャンがやはり必要。β線源でそれをやるのは非効率的。

TLU

HSIO

SVX

  • タイミングスキャン無しではやはりβのヒットは見えなかった。当然と言えば当然。

片付け

各グループ持って帰るものリスト

 

12/22

Changed:
<
<
帰国予定日
>
>
帰国予定日

昼ごろまでに空港に出発。
  -- Atlasj Silicon - 2016-12-06

Comments

 
This site is powered by the TWiki collaboration platform Powered by PerlCopyright © 2008-2022 by the contributing authors. All material on this collaboration platform is the property of the contributing authors.
Ideas, requests, problems regarding TWiki? Send feedback